top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

五月人形の購入は「母方の祖父母」の役目 なぜ、この慣習が生まれた?

オトナンサー


五月人形を買うのは「母方の祖父母」が当たり前?

【画像】大きく変化している「五月人形」事情

 5月5日は「端午の節句」ですが、この日が近づくと、男の子がいる家庭では「五月人形」を飾ることも多いと思います。男の子が生まれ、初めての端午の節句を迎えるとき、五月人形を購入した家庭もあるでしょう。この五月人形ですが、男の子の両親ではなく、「母方の祖父母」が購入することが慣習になっていると聞いたことがあります。本当でしょうか。日本礼法家元で、令和椿和文化協会会長の椿武愛子(つばき・むつこ)さんに聞きました。

江戸幕府のお触れがきっかけ

Q.五月人形は、どのような目的で飾るのでしょうか。

椿さん「男の子が生まれたとき、健康で元気に育ち、家の跡継ぎとして成長し、きちんと出世をして立派な大人になってほしいとの願いを込め、飾るようになりました。この慣習が誕生したのは江戸時代であり、かぶとやよろいを飾るのは、武家社会の名残です」

広告の後にも続きます

Q.五月人形を購入するのは、男の子の両親ではなく、「母方の祖父母」が購入することが慣習になっていると聞きます。本当でしょうか。

椿さん「『母方の祖父母』が購入する慣習になっているのは、本当です。昔は結婚する際、女性が男性側の家に『嫁入り』して同居することが一般的でしたが、それは男性側の家が、嫁いだ女性の面倒を一生見ることと同じ意味でした。

女性側の家(嫁いだ女性の両親)は、一生、娘の面倒を見てもらう代わりとして、孫に男の子が生まれたとき、お祝いを自分たちがすることとなり、これがきっかけで、『母方の祖父母』が五月人形を購入する慣習が誕生したのです。

また、この慣習は自然に誕生したのではなく、『嫁いだ女性の両親(母方の祖父母)が、お祝いを買うように』と、江戸幕府がお触れを出したことがきっかけといわれています」

Q.では、江戸時代は家に女の子が生まれたとき、将来、嫁に出して男の子が生まれることを考え、あらかじめお金をためていたということでしょうか。

椿さん「その通りです。例えば、福井県では『娘が3人生まれれば、家がつぶれる』と言われていました。地域によっても異なりますが、江戸時代には娘がたくさん生まれれば、お金をためないといけないという考え方はあったようです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル