top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「睡眠薬」「睡眠改善薬」「睡眠導入剤」ってどう違う? 薬剤師に聞く

オトナンサー


「睡眠薬」「睡眠改善薬」「睡眠導入剤」の違いは?

【画像】「睡眠薬」「睡眠導入剤」「睡眠改善薬」の違いを見る

「春眠暁を覚えず」という言葉がありますが、春でも不眠に悩む人は一定数いるようです。そうしたときの薬として、「睡眠薬」が考えられますが、「睡眠」という名称が付いた薬としては、「睡眠改善薬」や「睡眠導入剤」も聞きます。これらは、どのように違うのでしょうか。薬剤師の川口てるこさんに聞きました。

睡眠改善薬は「一時的な不眠」用

Q.睡眠薬、睡眠導入剤、睡眠改善薬の違いを教えてください。

川口さん「『睡眠薬』は、医師が不眠症の人に処方する薬の名称です。不眠の症状は『寝つきが悪い(入眠障害)』『途中で目が覚める(中途覚醒)』『朝早く目が覚める(早朝覚醒)』の3タイプがあります。『睡眠薬』は睡眠を促す薬全般を指します。『睡眠導入剤』は特に、『寝つきが悪い』症状を改善するための薬を指す場合もありますが、睡眠導入剤という言葉に明確な定義はなく、睡眠薬とほぼ同じと考えてよいでしょう。

広告の後にも続きます

一方、『睡眠改善薬』は、医師の処方箋なしで購入できる薬で、ドラッグストア、薬局などで販売されているOTC医薬品(一般用医薬品)の名称です。慢性的な不眠症状に使用する睡眠薬(睡眠導入剤。以下同)とは異なり、あくまで『一時的な不眠症状』を緩和する薬です。寝つきが悪いときや眠りが浅いときのみの服用にとどめ、連用しないことが大切です」

Q.睡眠薬の主な有効成分、効能、どういった仕組みで効くのかを教えてください。副作用についてもお願いします。

川口さん「現在、睡眠薬として処方されている薬は、(1)ベンゾジアゼピン系睡眠薬(2)非ベンゾジアゼピン系睡眠薬(3)メラトニン受容体作動薬(4)オレキシン受容体拮抗(きっこう)薬などがあります。

(1)ベンゾジアゼピン系(2)非ベンゾジアゼピン系の薬は、脳内で、抑制系の神経伝達物質である『GABA(ギャバ)』の働きを強めることで、催眠効果を発揮します。(3)メラトニン受容体作動薬(4)オレキシン受容体拮抗薬は、比較的新しい薬です。脳内の睡眠に関係する物質を調整し、自然な眠気を強める薬です。

また作用時間により、『超短時間型』『短時間型』『中間型』『長時間型』の4つに分類されます。入眠障害には、超短時間型、短時間型が使われ、中途覚醒や早朝覚醒には、中間型や長時間型が使われます。

副作用としては、薬によっては耐性や依存性があります。作用時間の長いものは、作用が起床後に持ち越されてしまうことで、日中の眠気、ふらつき、転倒などを起こすことがあります」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル