top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

間寛平、「吉本新喜劇は僕の人生そのもの」 GM就任で目指す「面白い新喜劇」の復活【インタビュー】

もっとエンタメ

 お笑いタレントの間寛平が、2022年2月に「吉本新喜劇」のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。今回の間の就任は、110周年を迎えた吉本興業が、「吉本新喜劇」をさらに進化させるために導入されたもので、間はレジェンド座員として表舞台で活躍するだけでなく、新喜劇を裏側からも支える。間に今後の新喜劇について、そして自身の芸能生活について聞いた。

-吉本新喜劇のGMに就任して、早くも3カ月がたちました。そもそも、どういった経緯でGMを務めることになったのでしょうか。

 2021年に僕は芸能生活50周年を迎え、それを機にもう辞めようかな、終わりにしようかなと思っていたんです。50周年を記念したツアーをやりながらもそんなことを考えていたら、ある会場に吉本の社長が見にきてくれて、ステージを見て、「今の新喜劇に足りないのは、これや!」と感じたそうで。その後に、社長に呼ばれて行ったら「GMになってほしい」って(笑)。僕は逆に、社長に「もう辞めさせてもらいたい」と伝えようとしていたんで、そんなこと言われたんでどうしようかと思ったんですが、嫁からも背中を押してもらって、それならやってみようかと思い、今に至ります。

-間寛平GM企画の「吉本新喜劇セカンドシアター」が4月8日からスタートしました。どのような考えからこの公演の開催に至ったのですか。

 新喜劇には専用の劇場がないんですよ。新喜劇のメンバーは110人ほどいてるんですが、若手たちは、「劇場がないから」「舞台に出られないから」と会社のせいにして逃げているんです。だから、彼らが立てる劇場を作ってもらいました。若手たちが劇場に立って、自分の力量に自分で気付き、芸人がどんなものか分かってほしい。ここで結果を出してほしいんです。

-ということは、新喜劇の若手の人たちがネタを披露する企画ということですね。

 そうです。それで、それを漫才師さんたちに審査してもらうんです。

-それはすごいですね。若手の人たちの励みや目標にもなりますね。では、寛平さんの理想とする吉本新喜劇とは?

 新喜劇は「大阪の宝」だと僕は思っています。僕た…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル