top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

県立和歌山商vs箕島

高校野球ドットコム

県立和歌山商が箕島との投手戦に勝利

この試合唯一となる打点を挙げた谷野 航平(県立和歌山商)

<春季近畿地区高校野球大会和歌山県予選:県立和歌山商1-0箕島>◇2日◇準々決勝◇紀三井寺運動公園

 県立和歌山商が箕島との投手戦を制した。

 箕島の先発は石井裕一朗投手(3年)。直球の球速は130キロ前後だが、キレのある変化球を織り交ぜながらコーナーを突く投球を見せ、5回まで2安打と県立和歌山商打線を抑え込む。

 対する県立和歌山商先発の塙翔斗投手(3年)も走者を出しながらも粘り強い投球を見せて、箕島に得点を与えない。

 昨秋の新人戦でも両校は対戦しており、この時は1対0で県立和歌山商が勝利していた。再び1点勝負になると予想していた県立和歌山商の田中誠藏監督は、「辛抱しろよ」と選手に伝えていたという。

広告の後にも続きます

 5回裏に2死三塁のピンチを凌いだ県立和歌山商は6回表、2死から四死球で一、二塁のチャンスを作ると、5番・谷野航平(3年)が右前適時打を放ち、先制点を挙げる。リードを貰った塙は6回以降も安定した投球を見せ、バックも好守で応えた。

 逆転したい箕島は9回裏、先頭の4番・澤虎太郎捕手(2年)が左前安打で出塁。続く5番・白倉滉大(2年)に対して3ボールとなったところで県立和歌山商は一塁手で出場していた左腕の小川侑汰(3年)をマウンドに送り、好投を続けてきた塙は右翼手に回った。

 小川は白倉を四球で歩かせて無死一、二塁とするが、6番・山﨑陽生(2年)のバントを小川が三塁フォースアウトにして、ピンチの拡大を防ぐと、7番・玉置元翔(3年)を遊撃ゴロに打ち取り、2死二、三塁とする。一打逆転のピンチを背負った小川は途中出場の小原 大翔(2年)に死球を与えて満塁にしてしまったが、最後は代打・貴志篤輝(2年)を空振り三振に打ち取り、県立和歌山商が逃げ切った。

 秋に続いて4強入りを果たした県立和歌山商。「なんとかもう一つ勝って近畿大会を経験したい。大きな大会に挑戦したいと思っています」と3位までに与えられる近畿大会出場に意欲を見せた田中監督。秋はあと1勝で届かなかった舞台に進むことができるだろうか。

(取材=馬場 遼)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル