top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

津商vs菰野

高校野球ドットコム

津商が後半に突き放して2年連続5回目の東海大会進出を決める

8回に4点目のタイムリーを放った津商・樋口

<春季三重県大会:津商4-1菰野>◇2日◇準決勝◇四日市霞ケ浦緑地公園球場

 全国的な傾向として、近年の高校野球は、私学勢が圧倒的に上位に残るケースが多い。そんな中でこの春の三重県では海星、三重、鈴鹿、近大高専、皇學館などの私学有力校が破れたこともあり、ベスト4に公立勢が3校残っている。

 準決勝第1試合は公立校同士の対戦となった。津商はこのところは、上位に食い込む常連となっている。昨年の春季大会も優勝して東海大会に進出を果たしている。菰野は西 勇輝(阪神)、岡林 勇希(中日)らのプロ野球で活躍するような選手も輩出してきている実力校だ。

 準々決勝では津商は三重を、菰野は宇治山田商を下しての進出となった。

 初回、菰野は先頭の清水が中前打で出ると、盗塁と悪送球などで2死三塁として、投手で4番の杉浦が津商の左スリークォーター古田の右打者の内側に刺し込んでくるような球を巧みに右へ運んで三塁走者をかえす適時打となった。比較的あっさりと最初の得点が入ったという印象だったが、その後はお互いが走者は出すものの、両投手がよく堪えていた。

広告の後にも続きます

 菰野の清水は力強い直球と鋭い縦のスライダーを中心に投げ込んできて、三振の取れる投球だが、投球そのものはやや荒れ気味でもあった。そんな清水に対して、津商は4回に先頭の宮本が左前打すると、バントで進み失策もあって本塁へかえって同点とした。

 結局、1対1のまま、試合は後半戦に入っていくこととなった。

 次の得点が、どちらにどういう形で入るのかということが、注目されてきた。

 6回はどちらも先頭打者が安打で出塁するが、菰野は古田に抑えられる。そして、その裏の津商は2死二塁に安打の赤田を置いてという場面で、8番に入っている古田自身が左翼線に落として適時打となり、ついに津商がリードした。

 津商は8回にも、またしても先頭の5番赤田が安打で出ると、1死後二塁盗塁をすると送球が走者に当たってそれて三塁に進む(大事を取って臨時代走となる)。ここで、6回に代打で出てそのまま守りについていた7番樋口がしぶとく三遊間を破って貴重な3点目が入った。

 この場面、宮本健太朗監督は、「遊撃ゴロを打つ感覚で行け」という指示を与えたという。それは、「困った時に自分が使える武器を持ちなさい」という指導をしていて、ここではゴロでかえしてもいいということで遊撃ゴロを打てと言うことだったのだが、それがいいところへ転がって三遊間を破る形となった。「あれは、樋口にとっても自信になったはずです」と宮本監督は喜んでいた。さらに樋口君は盗塁で二塁へ進むと、2死二塁という場面で9番尾宮が右翼線に落とす二塁打で、ダメ押しとも言える4点目を加えた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル