top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

津田学園vs白山

高校野球ドットコム

津田学園が6大会連続の東海大会進出を完封で決める

津田学園・阪本小剛郎

<春季三重県大会:津田学園4-0白山>◇2日◇準決勝◇四日市緑地公園霞ケ浦球場

 準々決勝は、ともにコールド勝ちで進出してきた勢いのあるチーム同士の対戦となった。白山は、強豪いなべ総合に対して、得点を重ねていく形で大きくリードしてコールドとした。津田学園は、皇學館に8回表まで3点リードされている展開だったものをその裏一気に10点を奪って、そのままコールドとした。

 津田学園は背番号18ながら佐川竜朗監督から「制球力もあって、安定感はある」と信頼の高い阪本。白山は今年の三重県一番の投手と評判の高い山中惇の先発投手戦が予想された。

 ところが、その山中を3回、津田学園が連打で攻略していく。この回先頭の9番小林が左越え二塁打すると、前野も幸運な風で二塁打となって二、三塁。続く西原が一、二塁間を破ってこれが先制適時打となった。なおも一、三塁で、注目の打者神田も右前打で2点目。4番岡田も左前打で、無死からの5連打で3点を奪った。バントで二、三塁とすると、岩本も左前打で、もう1点追加して、なおも1死一、三塁。しかし、ここはスクイズ三振併殺で白山バッテリーも何とか4失点で切り抜けた。

 津田学園の阪本の出来から見ても、非常に大きな4点という感じになった。

広告の後にも続きます

 白山としては、3安打散発では手の施しようがなかった。先頭打者が出たのも、3回の8番山野の左前打のみ。5回以降は阪本に3人ずつで抑え込まれては、どうしようもなかった。東拓司監督としても、「3回の連打を止められなかったのがすべてだった。あそこで2点くらいで止められていれば、また流れは違ってきたのでしょうけれども…。1イニング4失点はねぇ」と悔いていた。

 そして、「こういう展開になったら、打線が援護していってあげないといけないのだけれども、相手の阪本君に上手に投げられてしまった」と残念がっていた。それでも、「相手にくらいついて行こうという意識は、この大会のテーマでもあったのだけれども、それはある程度はできて、最低限の目標としていたシード権を獲るということもできましたから、夏へ向けては、収穫もありました」とプラス方向も見出していた。

 6大会連続7回目の東海大会進出となった津田学園。佐川竜朗監督は、「もちろん継投は当初からイメージしていたが、阪本がいい意味で相手をはずしていました。それに、相手打線も嫌がっているなと感じたので、むしろ交代のタイミングが難しくて、そのまま行かせました。打線も、繋いで点を取っていこうという野球を目指していましたが、そのテーマ通りにやれたと思う」と、内容には満足していた。そして、「欲を言えば、その後にも、もう少し点を入れておきたかった」という思いもあったようだ。

 3安打完封で投げ切った阪本は、「自分としては、今日は試合前のブルペンから、調子はいいなと感じていましたから、気分良く行けました。内容としては100点です」と、自己評価も十分だった。

 津田学園にとって、夏を見据えると、この日の阪本の好投は投手層が厚くなったことにつながる。佐川監督としても大いに心強いであろう。これで、津田学園としては6大会連続7度目の東海大会出場ということになった。

(取材=手束 仁)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル