top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「鼻毛」は切ったり抜いたりしてもいい? ボーボーのまま放置したらダメ? 耳鼻科医に聞く

オトナンサー


鼻毛の処理、していますか?

【画像】耳鼻科医が教える「鼻毛を抜いてはいけない」3つの理由

 コロナ禍以降はマスクの下に隠れがちな「鼻」ですが、日頃から鼻毛の処理を行っている人もいると思います。鼻毛は、外から異物が入ってくるのを防いでくれる一方で、伸び過ぎると鼻の穴から出てしまうなど、外見に関わる部分でもあるため、「切ったり抜いたりしても問題ないの?」「抜き過ぎると風邪をひきやすくならない?」「ボーボーのまま放置してもいいのか気になる」など、お手入れの程度に迷う人も少なくありません。

 抜いたり切ったりしてもいいのか、抜き過ぎるとどうなるのか…「鼻毛」にまつわるさまざまな疑問について、東京みみ・はな・のど サージクリニック(東京都多摩市)名誉院長の市村恵一さん(耳鼻咽喉科)に聞きました。

1カ月に平均4〜5ミリ程度伸びる

Q.そもそも、鼻毛とは何でしょうか。

広告の後にも続きます

市村さん「鼻毛とは、鼻の穴(外鼻孔)から入った最初の部分である『鼻前庭(びぜんてい)』に密生している毛のことをいいます。この部分は顔面の皮膚と続いており、鼻毛は皮膚表面にある毛根から生えてきます。鼻前庭より鼻の奥にいくと皮膚ではなく、粘膜になりますが、そこには鼻毛は生えていません。

鼻毛は他の部位の毛よりも太く、成長スピードは性差や体質、環境の状態によって差はありますが、平均では1カ月に4〜5ミリ程度伸びます。他の体毛と同じく男性ホルモンの影響を受けるため、男性の鼻毛は太く、また長く伸びて鼻の穴からはみ出すこともあります。また、ほこりの多い場所などでは早く伸びるようです。なお、鼻毛の本数を記載した文献は見当たりません。鼻の手術をする際に邪魔になるので、手術開始前に患者さんの鼻毛を切りますが、そのときの印象では、人により本数は千差万別です。正確な統計ではありませんが、平均すると片側50本くらいの印象です」

Q.鼻毛は何のために生えているのですか。

市村さん「人体の各構成要素には何らかの存在意義があり、不要なら進化の過程でなくなってきているはずです。鼻毛には、体内への異物の侵入を防ぐ働きと、加湿の働きがあります。

5マイクロメートル以上の粒子は鼻毛に絡みつくため、菌やほこりの体内への侵入を鼻毛が防ぎます。鼻毛での粒子沈着量は鼻腔内での沈着量よりも多く、鼻毛が長いと、また太いと粒子に接する面積が増えるため、沈着効率が高まります。2011年のトルコの研究報告によれば、鼻毛の濃さで3群に分けてぜんそくの有病率を調べたところ、薄い群から順に44.7%、26.2%、そして16.7%となり、『鼻毛の濃い群はぜんそくが少ない』という結果でした。つまり、吸気時にアレルギーの抗原を絡め取り、気管支に入り込むのを防ぐことで、ぜんそくの発症を予防できることが示されました。

また鼻毛は、呼気に含まれる水蒸気を吸着し、鼻から息を吸い込む際に蒸発させます。これにより、わずかながら呼気に含まれる水分を回収しています。結果として、鼻腔内の温度や湿度を一定に保ち、粘膜を乾燥から守ってくれるのです」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル