top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

誤解されている? 「社員は家族だ」という言葉が嫌われている理由

オトナンサー


「社員は家族だ」を信じてはいけない?

【画像】「社員は家族だ」と言ってよい人は誰?

 日本の会社の中には、「社員は家族だ」とうたっているところがあります。しかし、この言葉に対する印象は、かなり悪いようです。ネット上には、「そんな会社では働きたくない」「ブラック企業の常とう句」など、ネガティブなコメントが数多く見られます。一見するとそこまでネガティブではないと思うのですが、なぜ、「社員は家族」という言葉は、嫌われているのでしょうか。経営コンサルタントの大庭真一郎さんに聞きました。

「終身雇用の崩壊」が大きく影響

Q.「社員は家族」という言葉は、本来、どのような意味で使われ始めたのですか。

大庭さん「『社員は家族』は、トヨタ自動車(愛知県豊田市)の創業者の豊田喜一郎氏が語った『社員は家族であり、会社の宝である』という言葉に代表されるように、『会社(経営者)は、社員を家族のように大切にし、会社(経営者)と社員が心を通じ合わせて、一致団結して会社を成長させていくことのできる経営を目指す』という意味合いの経営理念を表す言葉として使われていました」

広告の後にも続きます

Q.「社員は家族」という言葉を会社が使うことについて、世の中の評判はよくありません。なぜ、嫌われていると思われますか。

大庭さん「本来の『社員は家族』という言葉の意味を履き違え、社員に甘えて自分(経営者)に都合の良い働き方を押し付け、さらには、社員のプライベートにまで介入するような経営者がいるからです。

『家族のような存在なのだから、会社のためにこうしてほしい』という名目で、サービス残業の強要や、有給休暇を使わせないなど、労働者の権利を侵害し、あるいは、パワーハラスメントのような行為が行われているケースがよくあります。

このような理由から、『社員は家族』と掲げる企業は『ブラック企業』だというイメージが世の中に存在します」

Q.言葉の意味が、変わってしまったきっかけは何でしょうか。

大庭さん「『終身雇用の崩壊』が大きく影響していると思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル