top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

長澤まさみ、斎藤工は「ウルトラマンのような存在」 西島秀俊「独自の視点で全体を見ている」

エンタメOVO

 映画『シン・ウルトラマン』完成報告会が2日、東京都内で行われ、出演者の斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊と樋口真嗣監督が登壇した。

 本作は、1966年の放送開始以来、今なお根強い人気を誇る「ウルトラマン」の55周年記念作品で、企画・脚本は、庵野秀明氏が担当した。

 物語の舞台は、次々と巨大生物・禍威獣(カイジュウ)が現れるようになった日本。ウルトラマンになる男・神永新二を斎藤が演じた。

 脚本を初めて読んだときの感想を聞かれた斎藤は「あまりの活字の量に、僕ごときが理解できるものじゃないと思った」と苦笑い。

 また、「因数分解のような複雑かつ壮大な物語は、一度読んだだけでは想像が追い付かない世界観だった。自分の粗末な脳みそを使うのではなく、製作陣の皆さんに委ねようと、すぐ切り替えた記憶があります」と明かした。

広告の後にも続きます

 神永の相棒の浅見弘子役の長澤も「想像が追い付かず…。ただ描かれているキャラクターはしっかり筋の通った存在だったので、自分が担当する持ち場をなんとか全うしようという気持ちで臨みました」とコメント。

 会見前に完成作を見たばかりだそうで、「一回見ただけじゃ処理し切れない、今も高揚感が残っていて、映画が公開されたら、また見に行かなきゃと思っています」と笑顔を見せた。

 神永、浅見の所属する、防災庁の「禍特対(カトクタイ)」の班長・田村君男役の西島は「人間ドラマを真正面から描いた脚本だったので、僕自身、全身全霊で取り組まなければと覚悟を持たされました。子どもの頃にウルトラマンを見ていた人たちは大興奮すること間違いない作品」とアピールした。

 また、斎藤の印象を尋ねられた長澤は「大人っぽくて、色っぽくて、本当にウルトラマンのような存在。一緒にその場にいるだけで、こちらも穏やかな気持ちになれる、とても頼もしい方です」とコメント。

 西島も「常に独自の視点を持って、全体を見ている。ウルトラマンそのままみたいな感じ。工くんがその場にいると安心感があります」と評した。

 映画は5月13日から公開。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル