top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

女性の背後から匂いをかぐ、息を吹きかける…「触らない痴漢」に法的問題は?

オトナンサー


女子高生の髪の匂いをかぐだけでも痴漢?

【画像】「触らない痴漢」は犯罪になる?

 満員電車や混み合ったバスの中で、好みの女性の髪や肌、香水の匂いをかいだり、首筋に息を吹きかけたりする、いわゆる「触らない痴漢」をする男性がいるようです。気持ち悪さと恐怖を女性が感じるため、実際に体に触れる痴漢と同じだと思いますが、「体に触っていないから痴漢ではないのでは?」という意見もあります。実際のところはどうなのでしょうか。「触らない痴漢」の典型的なケースについて、芝綜合法律事務所の牧野和夫弁護士に聞きました。

息の吹きかけは「暴行罪」の可能性

Q.女性の髪や肌、香水の匂いを至近距離でかぐ行為は、痴漢行為として処罰できますか。

牧野さん「まず前提となるのが、犯罪と刑罰はあらかじめ法律で定めていなければ処罰できないということです。これを『罪刑法定主義』といいます。

広告の後にも続きます

その上で、『女性の髪や肌、香水の匂いを至近距離でかぐ行為』については、道徳的には不適切ですが、犯罪として法律に定められておらず、現在の法律では処罰することは難しいでしょう」

Q.女性の首筋に男性が息や鼻息を吹きかける行為については、どうでしょうか。

牧野さん「男性が意図的に女性の首筋に息や鼻息を吹きかければ暴行罪(刑法208条)で、2年以下の懲役、もしくは30万円以下の罰金、または科料、もしくは拘留が成立する可能性があります。判例では『お清めと称して食塩を振りかける行為』が暴行とされたケースがあります。

ただし、女性の首筋に男性が息や鼻息を吹きかけることで、女性の身体を傷つけることはありません。そのため、傷害の危険が全くない行為までを暴行として捉えてよいのか、判断が分かれる可能性があります」

Q.傘やかばんを電車・バスの揺れに合わせて女性の下半身に押し付ける行為は、痴漢行為として処罰できますか。

牧野さん「意図的であれば、有形力の行使として暴行罪が成立する可能性があります。しかし、『傘やかばんの押し付け』は特に犯罪として定められていないため、現行法では犯罪の成立は難しいでしょう」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル