top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

銚子商vs習志野

高校野球ドットコム

銚子商が習志野との伝統校対決を強打と粘り強い守りで制し、3年ぶりベスト4!

関根大翔(銚子商)

 銚子商vs習志野。千葉県を代表する黄金カードが実現し、ゼットAスタジアムの内野席は、ほぼ満員となり、外野席が開放された。

 専大松戸にコールド勝ちを収め、優勝候補と思わせる戦いを見せた習志野に対し、銚子商がどんな戦いを見せるか。

 銚子商が県大会で発揮してきた打撃力をこの試合でみせた。

 初回、2死二塁から4番加藤 澄海捕手(2年)が右前適時打を放ち、1点を先制。更に5番・石毛 陽己外野手(3年)の右前安打と敵失で石毛自身も本塁へ生還。いきなり3点を先制する。さらに2回表も1番鵜澤 智也内野手(3年)の犠飛、2番・押本 柊也内野手(2年)の適時二塁打、3番久保形 怜司内野手(3年)の適時三塁打で6対0。習志野の背番号1・鈴木 颯太投手(3年)をノックアウトした。鈴木は常時130キロ〜135キロ程度の速球を投げ、県内では力量があると評される投手から6点を取った。

 二塁手の久保形 怜司内野手はこう語る。

広告の後にも続きます

「自分の場合、軸足にしっかりと溜めて打つことを心がけています。そうするとしっかりとタイミングも取れます。正しいスイングをして、来たコースに対してしっかりと打つことを心がければ、どんなに(直球が)速い投手からでも打てるといわれていたので、それが実践できていると思います」

 8回表には8番横田 人夢外野手(2年)の右中間を破る適時三塁打で8点目を入れた。澤田監督は今年の打線については「力のある選手が多いので、経験を積んで、力を発揮できるか、でした。だんだん状態は上がっていると思います」と高く評価する。

 投げては、最速136キロ左腕・関根 大翔投手は常時120キロ後半〜133キロの直球に、スライダー、カーブをテンポよく投げ込み、強打の習志野打線を8回まで3失点に抑える力投だった。

「習志野打線は非常に怖い打線ですので、外角攻めだけにならないよう、変化球もしっかりと腕を振って、うまく狙い球を絞らせないようにしました。またバックを信じて、そして打者に向き合って投げることができたと思います」

 守備も盛り立て、2併殺でピンチを切り抜けた。「とにかく併殺は大きかったです。落ち着いて投げられたと思います」。守備の要・久保形は緊張感でいっぱいだったという。

「とにかくプレッシャーがすごかったです。点差がついても全く安心できなかったです。習志野打線は(走者が)出れば色々できるチームなので。でも1つ1つアウトにすることを忘れませんでした」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル