top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

生駒vs奈良女子大附

高校野球ドットコム

生駒が奈良女子大附の反撃を振り切り初戦突破

自責点0で完投した北村晄太郎(生駒)

 <春季近畿地区高校野球大会奈良県予選:生駒7-3奈良女子大附>◇1日◇2回戦◇佐藤薬品スタジアム

 生駒が奈良女子大附との初戦を制した。

 生駒は2回裏に2死二、三塁から相手の失策で2点を先制すると、3回裏には2死満塁から7番・菅田康太朗(2年)が押し出しの四球を選んで1点を追加する。

 前半に主導権を握られた奈良女子大附だが、4回以降は先発の樋口聡太(2年)が立ち直りを見せ、4回、5回と無失点に抑える。すると6回裏、先頭の1番・飯塚玲偉(2年)が四球で出塁。続く2番・日高冴音(2年)の犠打が捕手の悪送球を誘い、さらに送球のカバーに回っていた右翼手の処理も上手くいかず、一気に飯塚が生還した。その後、2死満塁となり、7番・中窪勇太(2年)が中前適時打を放つ。二塁走者も本塁を狙ったが、生駒の中堅手・熊田颯馬(3年)の好返球に阻まれて同点とはならなかった。

 同点のピンチを防いだ生駒は7回裏に1死一塁から2番・矢野郎士(3年)が右中間へ適時三塁打を放ち、1点を追加。ここで奈良女子大附は樋口から飯塚に投手を交代した。生駒はさらに2死三塁から4番・篠田莉玖(3年)の中前適時打で1点を加えると、8回裏にも2死二、三塁から1番・飯田智規(3年)の中前2点適時打でさらにリードを広げた。

広告の後にも続きます

 生駒先発の北村晄太郎(3年)は9回表にパスボールで1点を失うが、自責点0で完投。後半の反撃を耐えた生駒が3回戦に進出した。

 敗れた奈良女子大附は3年生部員がおらず、1、2年生13名で戦った。その中で将来性を感じたのが、1年生ながら4番捕手で出場した野村英暉だ。身長184センチと1年生にしては体つきが良く、スイングにも力強さを感じる。山口琢士監督も「このレベルで収まってほしくない」と上のレベルでプレーしてほしいと思っているようだ。

 公式戦デビューながら1安打を放ち、盗塁を刺すなど見せ場を作った野村は、「緊張したけど、やりたいことはできました」と充実した表情を浮かべた。難関大を目指す進学校に現れたホープに今後も期待していきたい。

(記事=馬場 遼)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル