top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

智辯学園vs奈良北

高校野球ドットコム

藤本が3安打完封!智辯学園が初戦突破

3安打完封勝利を収めた藤本竣介(智辯学園)

 <春季近畿地区高校野球大会奈良県予選:智辯学園5-0奈良北>◇1日◇2回戦◇佐藤薬品スタジアム

 昨秋の準決勝で延長12回の大熱戦を繰り広げた智辯学園と奈良北が初戦で対決。秋は7対6と苦しみながらもサヨナラ勝ちを収めていた智辯学園の小坂将商監督は、「(嫌なイメージが)ないと言ったら嘘になる」と警戒心を抱いていた。

 その中で活躍を見せたのが、智辯学園先発の藤本 竣介(3年)だ。「冬から磨いていたツーシームが良かった」とスタメン全員が右打者の奈良北に対して、外に逃げるツーシームが上手くハマり、5回1死までノーヒットピッチング。「思った以上に投げてくれました」と3回付近で継投を考えていた小坂監督の期待を良い意味で裏切った。

 打線は2回裏に1死一、二塁から8番・中陳 六斗(3年)が中前安打を放つと、中堅手のバックホームが乱れる間に三塁で止まっていた走者が生還して先制点を挙げる。さらに1死二、三塁から9番・藤本がスクイズを決めて、リードを2点に広げた。

 3回裏には1死二塁から6番・小林稼廉(3年)が左中間を破る適時三塁打で1点を追加。4回裏には3番・松本 大輝(2年)の左前適時打と小林の右犠飛で2点を加えた。

広告の後にも続きます

 このまま一方的な試合展開になると思われたが、5回からリリーフした田中琉磨(3年)と梅木健志(3年)が力のある直球を軸にフライアウトを量産し、これ以上の得点は許さなかった。

 だが、この日は藤本が最後まで安定した投球を見せ、3安打無四球で完封勝利。危なげない試合運びで智辯学園が初戦を突破した。

「点の取り合いを想定していました」という奈良北の増井啓央監督。以前から左投手を苦手にしており、それが露呈する試合となってしまった。だが、秋4位の結果が示すように力は十分にある。「夏はてっぺんを目指しています」と意気込む増井監督。夏も注目の一校となりそうだ。

(記事=馬場 遼)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル