top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「隠れ家」の店、PRすると矛盾しない? カフェやレストランが「隠れ家」と言いたがる理由

オトナンサー


飲食店のPRでよく使われる「隠れ家」とは?

【画像】「隠れ家」と呼べる条件とは?

 カフェやレストランのPRとしてよく使われるのが、「隠れ家」という枕ことばです。「秘密にしておきたい隠れ家カフェ」「大人の隠れ家レストラン」など、「隠れ家」という言葉を頻繁に目にしますが、この言葉の定義がいまひとつ分かりません。「メディアでPRすると、多くの人に知られて『隠れ家』ではなくなるのでは?」と、矛盾すら感じてしまいます。カフェやレストランの紹介でよく使われる「隠れ家」とは、どういう意味なのでしょうか。トータルフードコンサルタントの小倉朋子さんに聞きました。

本当の「隠れ家」は取材を受けない

Q.グルメ雑誌やテレビの情報番組で、「隠れ家」という枕ことばが付いた、カフェやレストランの紹介をよく見ます。こうした表現が使われ始めたのは、いつごろ、何がきっかけでしょうか。

小倉さん「使われ始めた明確な時期は不明ですが、昔から『隠れ家的』な知る人ぞ知る飲食店はあり、当初は『政治家がお忍びで来る店』などのように、『お忍び』の意味で使われていました。

広告の後にも続きます

その後、バブル景気のとき、さまざまなレストランが雑誌などで紹介され、会員制の店や看板のない店も増えたので、おそらくその頃から『隠れ家』という表現がよく使われ始めたのではないでしょうか。

そして、その後もグルメ情報サイトなどが生まれ、さまざまな媒体で飲食店が紹介されるようになると、『隠れ家的/隠れ家風』という表現によって、飲食店をタイプ化、カテゴリー化させていったように思います」

Q.カフェやレストランの紹介でよく使われる「隠れ家」とは、どういう意味なのでしょうか。

小倉さん「ひと言で言えば、『簡単には入りにくい店』といえるでしょう。簡単に入りにくい意味には幾つかあるといえます。

例えば、(1)看板がない、または目立たない看板である(2)マンションの一室や一軒家など飲食店とは思えない外観、場所にある(3)交通の便が悪い、人通りが少ない裏通りにあるなどの立地条件(4)店のホームページがない(5)店の連絡先や場所を公開していない(6)紹介制や会員制など一見さんお断り(7)店内の様子が外からは見えない─などが考えられます」

Q.「隠れ家」と呼べる条件を満たしていても、多くの人に知られている場合、「隠れ家」と呼べるのでしょうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル