top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

狭山清陵vs市立浦和

高校野球ドットコム

前日の接戦から一転、狭山清陵が市立浦和を一蹴しベスト8進出!

狭山清陵、4点目のホームイン

<春季高校野球埼玉大会:狭山清陵9-2市立浦和>◇30日◇3回戦◇所沢航空公園

 前日は5回裏途中1-0と、狭山清陵が1点リードという状況で雨のためノーゲームとなっている。それを踏まえた再試合でどうなるか。

 スタメンは、狭山清陵が4番・捕手の見方駿平(2年)が外れ、この日は4番には井上尚之(2年)が、捕手には児玉幹太(2年)が入る。一方の市立浦和は前日好投した山崎優斗(3年)がある程度球数を投げ連投となるため、この日はリリーフ待機する。

 先発は市立浦和が左腕の金井塚康生(3年)、一方の狭山清陵は佐藤彪(3年)が登板し試合が始まる。

 先制したのは市立浦和であった。市立浦和は初回、狭山清陵・佐藤の立ち上がりを攻め、1死から2番・吉田勢太郎(2年)が二塁内野安打で出塁すると、続く濱崎匠(2年)も左前安打を放ち1死一、二塁とする。2死後、5番・小須田櫂央(3年)が中前適時打を放ち1点を先制する。

広告の後にも続きます

 だが、狭山清陵はその裏、市立浦和・金井塚の立ち上がりを攻め立て、先頭の武内優真(3年)が左前安打を放ち出塁すると、続く古川唯翔(3年)がきっちりと送り1死二塁とする。2死後、4番・井上が四球を選ぶなど2死一、三塁とチャンスを広げると、5番・木谷信汰(3年)が左前適時打を放ち同点、さらに続く渡邉竜之助(3年)も中前適時打を放ち2対1と逆転する。

 狭山清陵打線はその後も攻撃の手を緩めず、相手の暴投で走者がそれぞれ進塁し2死二、三塁とすると、ここで7番・佐藤が左前への2点適時打を放つなど、この回一挙4得点を奪うビッグイニングとし、一気に試合の流れを引き寄せる。

 狭山清陵は3回裏にも、市立浦和の2番手・吉田を攻め、1死から5番・木谷が左前安打を放ち出塁すると、2死後7番・佐藤が左翼線へフライを放つ。この打球を追った左翼手が転倒する間に木谷が本塁生還し5対1とする。

 一方の市立浦和も4回表、この回先頭の松本凌(3年)が中前安打を放ち出塁すると、続く小須田がきっちりと送り1死二塁とする。さらに6番・佐藤が四球を選び1死一、二塁とすると、2死後、8番・中山圭介(3年)が中前へポトリと落ちる適時二塁打を放ち5対2とする。

 だが狭山清陵は4回裏、1死から1番・武内が中前安打を放ち出塁すると、続く古川も右前安打を放ち1死一、二塁とする。さらに3番・清水も一塁強襲ヒットを放ち1死満塁とすると、続く井上も中前適時打を放ちまず1点、さらに5番・木谷もきっちりと犠飛を放ち5点差をつけ試合の大勢は決した。

 狭山清陵は7回裏、この回からマウンドに上がった4番手、前日登板した右サイドの山崎に対し、この回先頭・渡邉の四球を足がかりとし、9番・草間、1番・武内の連続長打でさらに2点を追加し勝負あった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル