top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山村学園vs川越東

高校野球ドットコム

川越の「ライバル対決」は山村学園が接戦を制しベスト8へ。対川越東戦は公式戦初勝利!

山田翼(山村学園)

<春季高校野球埼玉大会:山村学園4-3川越東>◇30日◇3回戦◇所沢航空公園

 Cシード・川越東と山村学園という川越市のライバル対決である。前日は1回裏終了時、4対1川越東が3点リードという状況で雨のためノーゲームとなっている。それを踏まえた再試合だった。

 スタメンは、川越東が前日と全く同じ。一方の山村学園は前日9番の塙 光悟(3年)を7番に上げ、7番の小栗陸斗(3年)を9番に下げた。

 先発は川越東が前日1球で交代した右サイドの名取由晃(2年)、一方の山村学園は前日の初回に打者一巡の猛攻を浴びただけに先発を代えてくるかと思われたが、前日同様に右サイドの山田翼(3年)が登板し試合が始まる。

 山田翼は前日とは別人のような立ち上がりを見せ川越東打線を封じる。先制したのは山村学園であった。3回裏、2死から川越東・名取が突如崩れる。

広告の後にも続きます

 山村学園はその機を逃さず1番・井上 翔汰(3年)、2番・河村優雅(3年)が連続死球で出塁すると、続く坪井 蒼汰(3年)のところで暴投により2死二、三塁とチャンスを広げる。結局坪井は申告敬遠で2死満塁とすると、4番・酒井大輝(3年)が左中間へ2点適時二塁打を放つ。さらに、センターがジャックルする間に一走・坪井も本塁を狙う。そのプレーと同タイミングで打者走者は二塁を少しオーバーランするが、外野からの返球により刺される。そのどちらが早いか微妙なタイミングであったが、本塁生還の方が少し早いという判定になり3点目も認められ山村学園が3点を先制する。

 川越東の反撃は6回であった。5回までノーヒットに抑えられていた川越東は、この回先頭の石川了雅(2年)が右前安打を放ち出塁すると、続く代打・福島淳也(3年)が四球を選び無死一、二塁とする。だが、1番・種田太一(3年)が走者を進められず凡退すると、続く神保直希(3年)も併殺に倒れ絶好の追撃機を逃す。

 一方、山村学園は8回裏、川越東の2番手・津村佳典(2年)を攻め、この回先頭の小栗が中前安打を放ち出塁すると、続く井上がきっちりと送り1死二塁とする。さらに、2番・河村が中前安打を放ち1死一、三塁とチャンスを広げると、続く坪井がきっちりと犠飛を放ち4点差をつけダメを押す。

 試合はこれで決まったかと思われた。だが、川越東が最終回猛反撃を見せる。この回先頭の種田が中前安打を放ち出塁すると、続く神保のカウントがフルカウントとなる。ここで川越東ベンチは走者を動かすと、神保も期待に応え左翼線へ適時二塁打を放ちまず1点、1死後、4番・白水大陸(3年)が右中間へ適時二塁打を放つ。さらに1死二塁から続く大野弘高(3年)も右前安打を放ち1死一、三塁とすると、代打・渡邊 航大(3年)のところで一走・大野が二盗を決め1死二、三塁とチャンスを広げる。ここで渡邊は内野ゴロを放ちその間に1点を返すが、後続が倒れ万事休す。

 2日間で両監督共に中心打者を申告敬遠するなど、春の対戦とは思えない本気度の高いゲームとなったライバル対決。結局、山村学園が川越東に4対3で勝利しベスト8進出を決めた。

 山村学園は対川越東戦は公式戦初勝利。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル