top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「明星 沖縄そば」を食べて首里城復興を応援しよう! 本土復帰50周年で全国発売に

OVO

 沖縄県は今年、1972年の本土復帰から5月15日で50周年を迎える。明星食品(東京)は、沖縄の伝統食である「沖縄そば」の味わいが手軽に楽しめる即席麺を沖縄県限定で1988年から販売しており、企業として沖縄県と深い縁を感じているという。2019年に、沖縄にとって文化や伝統の象徴で世界遺産でもある「首里城」が火災により大部分を焼失した際も、一刻も早い復元を願って義援金を寄付した。

 このたび、首里城に象徴される固有の歴史と文化の継承を目的とした新たな基金「沖縄県首里城歴史文化継承基金(愛称:首里城未来基金) 」の創設に合わせ、明星食品も新たな復興応援施策を実施することに。現在、沖縄県限定で販売しているカップ麺「明星 沖縄そばタテ型」を5月2日(月) に全国で新発売し、併せて袋麺「明星 沖縄そば 5食パック」を期間限定で全国展開。その売り上げの一部を首里城未来基金へ寄付するのだ。

 「明星 沖縄そばタテ型」は、内容量69gで税込み212円。つるっとした食感の麺に、かつお昆布だしの濃厚なうま味とまろやかな豚だしのうま味を合わせたあっさりスープで、チャーシュー、卵、かまぼこ、ネギ、紅しょうががのっている。「明星 沖縄そば 5食パック」は、92g×5食パックで税込み610円。麺はもちもちの食感で、かつおと昆布の和風だしにポークのうま味を効かせたソーキ味のスープだ。七味唐辛子が付いている。

 2019年に6棟が全焼し、2棟が部分消失した首里城は、2026年の復元に向けて、間もなく本格的な工事が始まる。沖縄そばを食べて、首里城の復興を応援してみては?

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル