top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「過保護」と「過干渉」はどう違う? 親子関係のパターンで知る両者の特徴と脱却方法

オトナンサー


子どもの自立にも影響が?

【画像】特徴を知れば違いが分かる! 「過保護」と「過干渉」の特徴一覧

 親が、わが子を必要以上に甘やかすことを指す「過保護」という言葉があります。一般的にはネガティブなイメージの言葉として使われることが多いですが、一方で、似た言葉として「過干渉」という言葉も存在します。この両者について、「同じこと? 違うこと?」「正しく説明できる自信がない」「どちらにもネガティブな印象があるけど…」など、さまざまな声があるようです。

 子育てにおける「過保護」と「過干渉」の違い、それぞれにみられる特徴と問題点について、子育てアドバイザーの佐藤めぐみさんに聞きました。

「尊重し過ぎる」のが過保護、「無視する」のが過干渉

Q.まず、子育てにおける「過保護」とは何なのかを教えてください。

広告の後にも続きます

佐藤さん「『過保護』とは、親が子どものことを過剰に保護することを指します。パターンとしては次のようなものが挙げられます」

・子どもの身の回りの面倒を、年齢相応以上にやってあげる(例:中学生なのに親が学校の持ち物を準備する)
・子どもが不快な感情を持たないように奔走する(例:子どもが学校の不満を漏らしたら、すぐにクレームを入れる)
・子どもの主張を過度に尊重する(例:“子どものやりたいようにさせてあげること”をよしとする)
・子どもが失敗しそうなときに、それを見越して親が手助けする(例:夏休みの宿題が終わらないので親が代わりにやる)

Q.次に、子育てにおける「過干渉」とは何でしょうか。

佐藤さん「『過干渉』とは、子どもの身の回りのことに、過剰に干渉することを指します。パターンとしては次の通りです」

・子ども自身で解決できることに首を突っ込む(例:友達とのささいなけんかにいちいち立ち入る)
・子どもの日々、ひいては人生をコントロールしようとする(例:「◯◯した方がいい」「◯◯ちゃんのため」と親の意思を刷り込む)
・親自身の理想や期待を強く押し付ける(例:進路など、子どもの人生に大きく関わることを親が決めてしまう)

Q.つまり、「過保護」と「過干渉」の違いはどこにあるのでしょうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル