top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「インビジブル」“磯ヶ谷”有岡大貴の成長する姿に反響 「涙がうるうるだった」「アクションもカッコ良かった」

エンタメOVO

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第3話が、29日に放送された。

 本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コウ)が、異色のバディを組む物語。(※以下、ネタバレあり)

 志村が女性殺害の容疑で逮捕された。すぐに容疑は晴れたが、キリコによると、女性を殺してショーウィンドーに展示した犯人は「演出家」と呼ばれるクリミナルズ(警察すら存在を知らない凶悪犯)だという。

 さらに、キリコは演出家が、すでに次の殺害を請け負っていることを予告し、演出家を捕らえるために、志村にある作戦を持ち掛ける。

 キリコが持ち掛けた危険な作戦に、捜査一課課長の犬飼彰吾(原田泰造)は猛反対するが、志村はキリコの作戦に乗ることを決める。

広告の後にも続きます

 そして、キリコはハッカーのラビアンローズ(DAIGO)に、演出家の動向を探るように依頼。ラビアンローズからの情報を基に、捜査一課の磯ヶ谷潔(有岡大貴)や五十嵐夏樹(堀田茜)が、演出家が現れるという現場に向かうが…。

 放送終了後、SNS上には、「演出家役を演じた要潤が最強で、怖過ぎた」「要潤さんと一生さんのアクションシーンが見ものだった」「柴咲コウと高橋一生のダークヒーローコンビが事件を解決していく話が面白かった」などの感想が投稿された。

 また、一度は演出家とみられる男・天野太一(要)を取り逃してしまった磯ヶ谷が、志村と共に奮闘し、最後は逮捕に至ったことから、「磯ヶ谷くんの成長していく姿に涙がうるうるだった」「礒ヶ谷くんの成長回。アクションもカッコ良かった」「潔くん、めっちゃ頑張っていた。俳優・有岡大貴の今後が楽しみ」といった反響が寄せられた。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル