top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

拓大紅陵vs市立柏

高校野球ドットコム

 拓大紅陵の野手陣はレベルが高い。

 どの選手も大学野球で活躍できるのではと思わせた。その中で最も活躍を見せたのが、1番中堅・菰田 朝陽外野手(2年・左投げ左打ち)だ。第1打席は中前安打から相手野手のスキをついて、一気に二塁へ到達し、先制のホームを踏んだ。さらに第2打席は遊撃内野安打を放ち、第3打席は三塁打を放った。小さなステップからインサイドアウトで振り抜き、鋭い打球を打てる。

 非常に技術の高さを感じさせる好打者だが、遠くへ飛ばせるようになったのはステップを変えたことが理由だという。菰田は「澤村 史郎先生に、ノーステップからステップするように教わってから、打球が速くなっただけではなく、角度がつくようになりました」と手応えを感じている。手打ちになってしまうのは、菰田、和田監督も共通認識として「当て逃げ」になっていたのが課題だった。強く振れて、長打を量産できるようになったのは大きいだろう。

 三塁打のベースランニングを見ても足は非常に速く、和田監督は足の速さについて偉大なOBにも匹敵すると語る。「足の速さについては飯田(哲也)さんに匹敵すると思います」。飯田 哲也氏は拓大紅陵出身で、ヤクルト黄金時代のセンターとして活躍した外野手だが、それに匹敵する評価をしている。

「飯田さんは走り出した時、トップスピードに乗った時の速さがすごい人でした。菰田はスタートから速い選手。打撃がもっと磨きがかかれば上の世界でも勝負できる選手だと思います」

広告の後にも続きます

 今後の活躍が非常に楽しみな選手だ。

 また菰田だけではなく、各野手が非常に伸びている。昨秋から高い打撃技術を発揮していた瓦林 奏良内野手(3年)は三塁守備の動きが非常によくなり、打撃スイングを見てもなめらかなレベルスイングで次々と長打を生み出す。薬師神 将哉外野手(3年)も綺麗なレベルスイングから安打を量産する好打者だ。そしてこの春から遊撃手に定着した川上 輝良内野手(2年)は和田監督も高く評価する強肩を生かしたスローイングが武器で、打撃でもパワフルなスイングで安打を量産。下位打線の打者とは思えない。

 昨秋、安定した遊撃守備を見せていた中村 瑠斗主将は一塁手へ。野球において一塁手の守備力はかなり重要。今年の拓大紅陵の中で最も守れる一塁守備をしていたのが、中村だったという。今大会も中村だからこそアウトにできたプレーが多くあったという。

 攻守ともに充実した内容の拓大紅陵。Aシード獲得まであと1勝。夏までさらに進化を予感させる試合内容だった。

(記事=河嶋 宗一)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル