top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

近江vs滋賀短大附

高校野球ドットコム

山田に本塁打が飛び出した近江が6回コールド勝ち

3回裏に2ラン本塁打を放った山田 陽翔(近江)

<春季近畿地区高校野球 滋賀県大会:近江10-0滋賀短大附(6回コールド)>◇30日◇3回戦◇湖東スタジアム

 センバツ準優勝校の近江がコールド勝ちでベスト8進出を決めた。

 近江の先発は長身右腕の小島 一哲投手(3年)。プロ注目の山田 陽翔投手(3年)は4番右翼で出場した。小島は先頭打者にいきなり四球を出すが、後続を打ち取り、無失点の立ち上がりを見せる。滋賀短大附の先発は背番号11をつけた右横手投げの宇野 堅信投手(2年)。1回裏の近江は1死満塁から5番・岡﨑 幸聖(3年)が一塁ゴロに倒れるが、ホームゲッツーを狙った捕手の送球が乱れる。その間に二塁走者が生還して、1点を先制した。

 近江は2回裏に1死二塁から9番・小島の右越え2点適時二塁打で1点を加えると、3回裏には無死一塁から4番・山田がレフトに強烈な2ラン本塁打を放ち、宇野をマウンドから引きずり降ろした。ここで滋賀短大附はエースナンバーの松原 優也投手(3年)に継投。松原は4回こそ無失点に抑えたが、5回裏には、1番・津田 基(3年)、2番・中瀬 樹(3年)、3番・清谷 大輔(2年)と三者連続適時打を浴び、3点を追加されてしまった。

 攻撃の手を緩めない近江は6回裏にも2点を加えると、最後は2死満塁でこの回途中からマウンドに上がった西村 柊哉(3年)から清谷が遊撃への適時内野安打を放ち、10点差でコールドゲームが成立。完勝を収めた近江が準々決勝に進んだ。

広告の後にも続きます

 投手・山田を温存した近江は小島、西村 亮太(3年)、横井 海音(3年)の継投で6回無失点。甲子園での登板がなかった3人が経験を積めたことは夏に向けてプラス材料だろう。

 この日の山田は3打数1安打1本塁打2打点1死球という結果に終わった。本塁打を放った後の2打席は力みが見られて内野ゴロに終わったが、スイングの強さと飛距離は規格外なものを見せてくれた。今大会は野手に専念するそうだが、打撃でどこまで存在感を発揮できるだろうか。

 滋賀短大附は5失策と守備に課題を残した。劣勢でも踏ん張れる力が付いてくれば、夏は上位を狙えるポテンシャルはある。夏までにどこまで成長することができるだろうか。

(取材=馬場 遼)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル