top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

画面が大きいスマホと小さいスマホ、目に負担がかかるのはどっち? 負担を減らすには?

オトナンサー


大きい画面と小さい画面とでは、どちらの方が目に負担がかかる?

【画像】近くを見ると緊張!「毛様体」ってどこ? 目の構造を見る

 スマホやパソコン、タブレットを購入するときに、画面の大きさで選ぶ人は多いと思います。スマホの場合、近年は大画面の製品が多く売られるようになりましたが、「画面が小さい方が持ち運びやすい」といった理由で、小さい画面のスマホを好んで使う人もそれなりに多いようです。ところで、小さい画面の製品と大きい画面の製品とでは、どちらの方が目に負担がかかりやすいのでしょうか。また、目に負担をかけないためには、画面からどの程度離れて使用すべきなのでしょうか。かわな眼科(千葉県松戸市)の川名啓介院長に聞きました。

小さい画面だと目を近づけがちに

Q.スマホやパソコン、タブレットを使う場合、小さい画面の製品と大きい画面の製品とでは、どちらの方が目に負担がかかりやすいのでしょうか。

川名さん「画面が小さい製品の方が目に負担がかかります。画面が小さいと、表示される字も小さくなるために、目を画面に近づけることが多くなるからです。そうすると、目の中の『毛様体筋』(物を見るときに、ピントを調節する筋肉)が緊張することが多くなり、その分、目が疲れやすくなるほか、近視になりやすくなります。できる限り大きな画面の製品を使った方が、目が疲れにくいでしょう」

広告の後にも続きます

Q.小さい画面だと近視になる可能性が高まるということですが、近視が進みやすい年齢について、教えてください。また、スマホやパソコンを長時間使用するなどして目に負担をかけ続けた場合、近視以外にどのような健康被害が生じる可能性があるのでしょうか。

川名さん「近年の研究で、近視が進むスピードは8歳から13歳までが最も大きいということが明らかになりました。また、20代半ばまではゆっくりと近視が進むということも分かりました。

近くを見る時間が増えるほど、近視は進みやすくなり、進行すればするほど、白内障や緑内障、網膜剥離、近視性黄斑症(近視により、網膜の中心にある黄斑に障害が起きること)といった目の病気にかかりやすくなります。

近視以外の症状としては、スマホなどの使い過ぎで目の疲れが悪化すると、眼精疲労や肩こり、頭痛、自律神経の乱れなどさまざまな体の症状を引き起こすことがあります。その他、夜間にパソコンやスマホを使うと、ブルーライトの影響により、いわゆる『体内時計』が乱れて、睡眠障害や目覚めの悪さ、日中のだるさなどを感じることがあります。

近視の進行や目の疲れを防止するためには、スマホなどの電子機器の使用時間が長くなり過ぎないよう気を付けるとともに、近くを見る時間をできるだけ減らして、目に負担をかけ過ぎないことが大切です」

Q.スマホやパソコン、タブレットを使うときは、画面からどの程度、目を離すのが望ましいのでしょうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル