top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小麦価格が40%値上がり! 「替え玉無料」は続けられるのか?

オトナンサー


「替え玉」を無料で提供して損をしない?

【画像】同じ「豚骨ラーメン」でも、変わり種も

 豚骨ラーメンの専門店では、麺のお替わりである「替え玉」というシステムがあります。1~2玉までの替え玉を無料にしている店もありますが、中には「幾つでも替え玉無料」という店もあります。小麦価格が高騰している中、麺のお替わりを無料で提供すれば、それだけ利益を落とすことになりますが、なぜ、豚骨ラーメンの「替え玉無料」は損をしないのでしょうか。飲食店専門経営コンサルタントの成田良爾さんに聞きました。

麺1玉あたり10~20円

Q.そもそも「替え玉」は、どのようなことがきっかけで誕生したのでしょうか。

成田さん「『替え玉』は、福岡の『元祖長浜屋』が起源とされています。長浜ラーメンといえば、豚骨スープにストレートな細い麺が特徴ですが、魚市場の近くにあった『元祖長浜屋』では、競りなどで忙しく限られた時間で食事をしなければならない魚市場の労働者のために、すぐにゆであがる『ストレートの細麺』を開発しました。

広告の後にも続きます

しかし、細麺は熱いスープの中ではすぐに伸びてしまうので、最後までおいしく麺を食べてもらおうと最初の麺の量を少な目にし、追加で『替え玉』するというシステムをつくったといわれています」

Q.とんこつラーメンの「替え玉無料」を提供しても、なぜ、店側は損をしないのでしょうか。

成田さん「先述したように、伸びやすい細麺で提供する豚骨ラーメン店では、最後までおいしく麺を食べてもらうために麺の量を最初から少なくして提供します。その結果、『替え玉』をする客も多く、『替え玉無料』の店の場合、価格設定を替え玉ありきの設定にしてある場合も多いからです」

Q.「幾つでも替え玉無料」という店もあります。店側は損をしないのでしょうか。

成田さん「『幾つでも替え玉無料』とうたうのは、店側のサービス精神だと思います。文字通りであれば、5回でも10回でも替え玉は無料ということですが、現実的にそれだけの量を食べる客はまずいません。

まれに、3回以上の『替え玉』をする客もいますが、替え玉はラーメンの丼に残っているスープに入れて食べるため、回数が増えればスープが薄くなったり足りなくなったりします。また、替え玉が3回目になると、普通であればおなかも満腹に近づき、おいしく食べられる限度は、せいぜい3~4回の替え玉だと思われます。多くの客もそうしたことを分かっているのではないでしょうか」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル