top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

暴力団員を相手に…新米身辺警護員が招いた「2回の失敗」〜実録・ボディーガード体験談

オトナンサー

 結局その男は、捨てぜりふを吐きながらも引き下がり、2階に消えていきました。軽率さはともかく、問題と聞いていた2階の住人を追っ払ったのです。しかし金子さんは、「大丈夫かなぁ…」と顔を曇らせています。「私がいるから大丈夫ですよ」などとのんきなことを言っていたのですが、あまりに心配そうな金子さんから、その訳を聞かされます。

 先ほどの男は、2階に出入りしているチンピラの1人に過ぎず、兄貴は大石(仮名)という男で、先ほどの男とは比べものにならない迫力だといいます。つまり、私が怒鳴ったのは大石の舎弟で、金子さんとしては、「これをきっかけに報復されるのではないか」、つまり「余計なことをしてくれた」と言いたかったのでした。

 それから1時間ほどたった頃、エントランスから7~8人のガラの悪い集団が押し寄せてきました。管理人室の頑丈な鉄製のドアが激しく蹴られ、小窓越しには、先ほどの派手シャツ男の他にも数人が「出てこい! コラァ!!」とすさまじいけんまくで怒鳴っています。「私に何かあったら110番通報するように」と金子さんに伝え、1人でサッとドアから出ました。言うまでもありませんが、再びの最悪な行動です。

 警護における、この場合の基本的な対応は、まず110番通報と関係各所への報告。そして警察が到着するまでの間、金子さんの身の安全を守ることです。ドアを開ければ、その瞬間に連中がなだれ込む可能性があります。つまり、このときの私は、金子さんまで危険にさらしていたのです。

 正直、その後の対応も最悪でした。私が部屋の外に出ると、周りを7~8人のチンピラに囲まれ、完全に逃げ道を失いました。もちろん恐怖はありましたが、「弱みを見せたり、引いたりしたらまずいな」と感じていたので、虚勢は崩していません。しかし、1対8という数字は、1人でどうにかなる人数を大きく超えています。そうなると不思議なもので、気持ちが冷めるのです。というより、開き直りかもしれません。しかし連中も、私が引かないので困ったと思います。私がへり下らないと、本当に刺すしかありませんから。

「こいつらにわびろ」 “兄貴”との対峙

広告の後にも続きます

 そんなとき、大石が登場しました。年齢は40歳くらい、身長は180センチ弱で体重は100キロ近くありそうな、迫力のある男です。ピンストライプのスーツを着た、いかにも…な風貌でしたが、物静かですごみがありました。大石が現れると空気が変わり、チンピラたちの背筋がピンと伸びるのが分かるほどでした。細かいやりとりは覚えていませんが、大石が言うには、「おまえ(私)も変にイキがるんじゃない」「おまえの出方次第では、やぼなことはしないから、こいつらにわびろ」といったような内容だったと思います。

 私は、謝りはせず、代わりに「自分は管理人ではなく、金子さんの身辺警護だ」と話しました。すると、私の名前と会社名、そして「いつまでこの現場を続けるのか」というようなことを聞かれました。名前と社名は教えましたが、「期間はあなた方次第」のような答え方をしたと思います。その後、大石はどこかに電話をして、私は舎弟衆に囲まれたまま5分ほど待ちました。その後、「おまえ、本当に警護員なんだな? なら、こちらも何もしないから、今後お互いに関わらないようにしよう」というようなことを言われたので、「異存ありません」と答えました。最初は私を、同業者と勘違いしていたようです。

 このような問題だらけのやり方でしたが、その場は何とか収まりました。そしてその後、金子さんへの目立った嫌がらせはなくなりました。しかし金子さんにとって、それまでの経験は本当につらかったのでしょう。問題が落ち着いて気が抜けたためか、2カ月後にお辞めになり、その後は警護員が管理人の代わりに、制服で常駐しました。

 余談ですが、現場が終了した数カ月後、街でばったり大石に出会ったのです。ある繁華街を歩いていると、見慣れた金エンブレムの高級車が止まっていました。私はナンバーを覚えていたので、「近くに大石がいる」と気付きました。辺りを見渡すと、10メートルくらい先から、大きな男がこちらに向かって歩いてきます。向こうも私に気付いたようだったので、近付いてくるのをその場で待ちました。大石は何も言わず、軽く会釈をしただけでした。私も会釈を返し、その場を去りました。

 今回、お話ししたような暴力団絡みのケースは、つい20年くらい前までは頻繁にあったご依頼です。近年でも、相手が反社とは知らずに取引を始めてしまった企業など、一定数のご依頼はあります。しかしそれよりも、親族間の争いや元恋人のストーカー行為、会社と従業員のトラブルなど、一般の人たちのトラブルに関するご依頼が増えているのが現状です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル