top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中央学院vs東京学館船橋

高校野球ドットコム

142キロ右腕が好リリーフ 中央学院がベスト8入り果たす

中央学院3番手・糠谷 翔大

<春季千葉県大会:中央学院8-3東京学館船橋>◇3回戦◇29日◇県立柏の葉

 複数投手による継投で東京学館船橋の勢いを食い止めて勝利した中央学院。3投手が登板したが、エース・糠谷 翔大投手(3年)の仕上がりは、抜けているものがあった。6回からの登板で、立ち上がりは得点圏に走者を背負ったものの、無失点で切り抜けると、7回は先頭の東京学館船橋4番・ゲアハート 大雅外野手(3年)にはインコースへの真っすぐで詰まらせた遊撃ゴロに打ち取るなど、本調子の投球を見せた。

 旧チームより主力で活躍してきたエースは、セットポジションからややひねりを加えて軸足にタメを作ると、遊撃方向に足をけりだしてから重心移動。縦回転で腰を鋭く回して右腕を振り抜く。無駄が少なく、安定感もある。非常に完成度の高いフォームから、次々と切れのいい球を投げ込んだ。

 変化球も抜ける球が少なく、見ていて安心感すらあった糠谷は試合後、「リードをもらってからはテンポよく投げられました」と総括した。

 開きを抑えるフォームについて、「自分は外のストレートで三振を取れるのが持ち味なので、シュートさせないためにも意識しています」と自覚をもって取り組んでいた。ツインズ・前田 健太投手(PL学園出身)の左腕の使い方を参考にして、壁を意識している。

広告の後にも続きます

 秋季大会は敗者復活戦で終わり、長いオフシーズンになったのを利用して、直球の平均球速を上げるために、リリースポイントを安定させることをテーマにしてきた。

「春まで時間があったので、細かいところから見直そうと、ネットスローで1箱150球近くは投げて、リリースポイントの安定を図ってきました。その成果もあって、136キロほどだった平均球速は、138、139キロくらいになりました」

 最速も140キロに届かないところだったのが、現在142キロまで到達。着実にレベルアップしている直球については、対戦した東京学館船橋のゲアハートも、5回までに登板した2投手とは全く違い、「ストレートが印象に残っていますし、変化球との見極めが大変でした」と話す。

 真っすぐの成長を注目されがちだが、相馬監督は「勉強中ではありますが、相手打者との間をずらすなど、投球術が成長してきました」と語る。事実、この試合でも、時折カーブを交ぜるなど緩急を使う場面も見受けられた。

 秋の敗者復活戦敗退からシード獲得まで成長した。「中央学院らしい戦い方など組織づくりを大事にしてきた」と相馬監督は秋季大会が準備不足だった分、ここまで時間かけてチームを作ってきた。準々決勝ではどんな試合を見せるか注目したい。

 試合は4回まで2対2と一進一退の攻防。先攻の東京学館船橋は3回に3番・鎌形 俊明内野手(3年)の一打。後攻の中央学院は4回に5番・中野 賢将内野手(3年)の一打で点数を奪い合う。5回表に東京学館船橋に一時勝ち越しを許したものの、直後に中央学院は2番・大山 朝陽内野手(3年)の一打で中央学院が初めてリードを奪う。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル