top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

悪天候が導き寄せたドラマチックな幕切れ。 堀米雄斗の本当の凄さは強靭なメンタリティにある。

FINEPLAY

“五輪王者が圧巻の強さをみせ堂々の優勝”

4月22日から3日間に渡り開催された「X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo」のスケートボード・ストリートを一言で総括するなら妥当な言葉なのかもしれない。
確かに結果だけをみるなら堀米雄斗は予選・決勝ともに1位と、申し分ない成績を収めているので、こういった見出しが並んでもおかしくないだろう。
しかし、その裏にはこんな一言では到底収まらない、様々な人間ドラマが隠れていた。

天候悪化が生んだ劇的ドラマの序章

降り出した雨を気にする素振りを見せる堀米雄斗

そもそも、その予兆は女子ストリートの決勝途中あたりから見え始めていた。
雲行きが怪しくなり、ほんのわずかではあるが霧雨のようなものを感じたからだ。
女子ストリートはなんとか予定通り行えるだろうが、男子ストリートは最悪中止の可能性も考えられる。
当日現場でオフィシャルメディアとしてシャッターを切っていた筆者にはそのような嫌な思いが脳裏をよぎった。

そうしてまもなく男子ストリートは練習に入ったのだが、この時はまだ霧雨ながらも誰の目にも雨が降っているのは明らかだった。
先の展開が全く読めない状況ではあったが、筆者が心配だったのが降雨によりパークのコンディションが悪化したことで起こる選手達のケガだった。
というのも、スケートボードはほんの少しバランスがズレるだけでメイクできるかどうかが決まるほど繊細なスポーツである。そのため天候に左右される部分がかなり大きい競技でもあるのだ。

実際にこの時も雨で路面やセクションが濡れ始めてきており、通常よりもスリッピーな状態になってきているなと感じ始めていたのだが、その時に案の定危惧していたことが起こった。あろうことか堀米雄斗が練習中にメインのハンドレールで着地に失敗しクラッシュ。
痛みで歪んだ表情もはっきりと確認することができた。
それも一度ではなく二度も。しばらくうずくまったあとに立ち上がり、その後は平然としていたのだが
さすがにこの瞬間を真横で見ていた自分には「今日は難しいかもしれないな……」との思いが脳裏をよぎった。

なんとか立ち上がったものの、苦痛に顔を歪める堀米雄斗

極限まで追い込まれた五輪王者

一本目で会心のランを見せた池田大暉のキックフリップ・フロントサイドブラントスライド

広告の後にも続きます

案の定、鉛色の空からはスタート直前に雨粒が落ちはじめコンテストは一時中断。スタッフによるブロワーや雑巾掛けによる復旧作業と、一時的に弱まった雨のおかげでなんとか再開できる状態にはなったものの、オフィシャルメディアで共有しているレシーバーには「ランは1本だけになるかも知れない」との情報も入ってきた。

痛みが残る身体に加え、一本のミスが命取りになる可能性があるレギュレーションの変更は、堀米にとっては極限まで追い込まれた状態であったことが容易に想定できる。
中断中に運営側と話し込む姿も見られたし、雨を気にする素振りも見せていたので、「ぶっちゃけ僕はやりたくないと思った」との談は偽らざる本音だったのではないだろうか。

しかも、彼にとってはそこからさらに追い討ちをかける出来事が起こった。池田大暉、白井空良という日本勢の会心のランを見せたのだ。全選手の先陣を切って走り出し、1本目に会心のノーミスランを見せた池田大暉は思わずカッツポーズ、そしてノーミスとまではいかなかったものの、白井空良はキャバレリアルシュガーケーングラインド(進行方向と逆に進みお腹側に360度回転しながら後ろ側のトラックで対象物をまたぎ越してから斜めに掛けるトリック)やバックサイド180スイッチフロントサイドクルックドグラインドという、おそらく世界で彼以外にできる人物はいないであろう2トリックを成功させ、堀米の滑走直前までは彼らがワンツーフィニッシュ。

現在彼以外にこのトリックをできる人物はいるのだろうか!? 白井空良のキャバレリアルシュガーケーングラインド

堀米の優勝を予感させてくれた一瞬の出来事

歓喜に沸く白井の前を横切る堀米。背中の文字と相まって、周囲の状況に左右されない彼の強靭なメンタルが感じ取れる一瞬だ

そんな状況であれば、通常の人間ならば動揺が見えてもおかしくない。
しかし、彼は冷静だった。
脅威のトリックで会場を沸かし、仲間達と喜び合う白井を横目に、淡々と自身のランへ向け準備を進めるために白井の前を横切る姿を筆者はキャッチしていたのだ。しかも背中には「Don’t bother me anymore(俺は好きなことをやってるから、俺に構わないでくれ)」とプリントされたTシャツ。この瞬間に関していえば好きなことというより、自分のやるべきことといったニュアンスの方が正しいと思うが、コンテスト終了後のセレクト中にこの写真を見つけた瞬間、自分には彼が勝ち取った優勝という結果と妙にシンクロしているように感じた。

なぜならスケートボードのコンテストは他人と競う競技でありながらも、結局は自分との戦いだからだ。
“自分が練習してきたニュートリックをメイクできれば絶対に勝てる”
そうやって彼はどんな状況に置かれようとも自らを客観的かつ冷静に捉えて、今すべきことを明確にしているのだろう。
思えば東京五輪もランでは2本とも失敗して、同じような極限状態に追い込まれていた。
しかしベストトリックでの見事なまでの逆転劇を演じている。

決めるべき時に決める並外れた精神力

練習中に2度身体を打ちつけたノーリーバックサイド180スイッチスミスグラインドを本番では完璧にメイク

そして、やはりというべきなのか、ここでも五輪王者は強かった。
1本目は全トリッククリーンメイクとはならなかったものの、ラストには練習中にスラムして身体を強打したノーリーバックサイド180スイッチスミスグラインド(ボードの前方を弾いて背中側に回転し、レールをまたぎ越してボードを斜めに掛けるトリック)を完璧にメイクして見せ、首位に躍り出る。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル