top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

心が乱れやすい季節に◎「自律神経のバランス」を整える脳腸ケア8つ

朝時間.jp

おはようございます。脳腸セラピストの桜華純子です。

春は寒暖の差や環境の変化などにより、心と身体がストレスを溜め込んで、自律神経のバランスが乱れやすくなります。

今回は、快適な毎日を過ごすために、簡単にできる脳腸ケアをお伝えします。

自律神経の乱れで起こる不調って?

自律神経とは、内臓の働きや代謝、体温などといった身体の機能をコントロールしている神経のこと。

「活動を促す交感神経」と「休息を促す副交感神経」が、シーソーのようにバランスを取って、私たちの身体を支えてくれています。

広告の後にも続きます

この交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまうと、以下のような不調が起こる可能性があります。

無気力 不眠 食欲不振 憂鬱感 不安感 冷え むくみ 倦怠感

さらに、これらの不調が続くことで心身のストレスはさらに増えてゆき、自律神経のバランスもますます乱れてしまう、という悪循環が起こってしまいます。

自律神経のバランスを整える!脳腸ケア8つ

自律神経のバランスを整えるためには、安定した精神状態を保つことや睡眠の質を向上すること、適度な運動を取り入れること、偏った食事をとらないこと、など様々な面からライフスタイルを見直すことが望まれます。

以下の8つのことは、いずれも自律神経のバランスを整える手助けをしてくれるアクションです。

【1】目覚めたら窓を開けて、朝日を浴びながら深呼吸をする

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル