top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中村勘九郎、8歳役に挑戦も「40才の私は不安しかない」 上田久美子、宝塚退団後初の書き下ろし戯曲が朗読劇に

エンタメOVO

 スペクタクルリーディング「バイオーム」制作発表会見が26日、東京都内で行われ、出演者の中村勘九郎、花總まり、古川雄大、脚本の上田久美子氏、演出の一色隆司氏ほかが登場した。

 本作は、宝塚歌劇団の座付き作・演出家として数々の名作を手掛けてきた上田氏が、退団後、初めて宝塚歌劇以外の脚本を担当する朗読劇。

 代々続く政治家の家の庭先を舞台に、力を持つことに腐心する人間たちの姿を、庭に植えられた植物たちが見守る不思議な物語。

 主人公の少年ルイと、ルイの家で働く家政婦の孫娘ケイの二役を演じる勘九郎は「豪華な皆さまとご一緒できて幸せですし、ワクワクしています。ルイとケイは8歳の男の子と女の子。40才の私が演じるとどうなるのかなという不安しかないんですけど、遠い昔に置き忘れてしまった純粋な心を、本番までに取り戻してやりたいです」と意気込みを語った。

 上田氏は「今回、宝塚以外での脚本を初めて書かせていただくということで、お題は自由だったので、今の社会や世界から自分が受け取ったことを、即興的に形にしたいなと思いました。植物の世界と人間の世界が二層に重なっている不思議な内容になってしまったのですが、すてきな作品に仕上がることを期待しています」と話した。

広告の後にも続きます

 上田氏の脚本を読んだ感想を聞かれた勘九郎は「ヒリヒリしました。今の世の中にパンチを与えるような作品だなと思います。植物とか大地とか地球…というので、難しいかなと思うんですけど、お説教くさくなく、お客さまが何かを感じて持ち帰っていただける本だなと思います」とコメントした。

 舞台は6月8日~12日 都内・東京建物Brillia HALLで上演(※配信あり)。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル