top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

年老いた柴犬が虹の橋を渡る直前、元気付けようとする家族犬の姿に涙

9ポスト

生きとし生けるものはすべてその寿命から逃れられることはできません。しかし、ずっと生を共にしてきた家族が天国に旅立ってしまうことはとても辛いことです。それは犬にとっても同じことです。

【動画が表示されない場合はこちら】

柴犬のちゃめちゃんとまめちゃんの日常を配信するYouTubeチャンネル「まめ田ちゃめ助」に投稿された動画が話題になっています。柴犬のちゃめちゃんは、この時15歳と5ヶ月の老犬でした。

オムツをし、立つことも出来ないながらも、ご飯をモリモリと食べる姿にもっと生きようとする意志を感じます。

しかし、別れの時は近づいていました。ついに自力で起き上がることも、ご飯を食べることも出来なくなってしまったちゃめちゃん。そんなちゃめちゃんを、家族犬のまめちゃんは心配そうに見つめ、体を擦り寄せたり、吠えたりして励まそうとします。

広告の後にも続きます

動画はちゃめちゃんが元気だったころの様子を映し出します。今は亡き先代の柴犬、初代まめちゃんが虹の橋を渡る前にちゃめちゃんが元気付ける姿が映し出されています。二代目まめちゃんがちゃめちゃんに寄り添うのと同じように、初代まめちゃんに寄り添うちゃめちゃん。

しかし、老いはすべての生き物に平等に訪れます。

2021年12月20日、これまで4回に渡る手術を乗り越え、足を失いながらも懸命に生きてきたちゃめちゃんですが、15歳と5ヶ月の犬生を全うし、天国へと旅立ちました。

動画投稿者さんは語ります。

いっぱいいっぱいありがとう。お空の上では4本足になって楽しく走り回ってね。

辛くても、懸命に生きようとする姿は私たちを励ましてくれます。

動画が見られない方はこちら

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル