top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

宮野真守、福士蒼汰とバディ役で「かなりいい空気」 「この人と芝居するのはこんなに幸せなんだってかみ締めている」

エンタメOVO

 2022年劇団☆新感線42周年興行・春公演 いのうえ歌舞伎「神州無頼街」開幕前取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の福士蒼汰と宮野真守が登壇した。

 本作は、福士と宮野がバディを組んで幕末を舞台に暴れ回る伝奇活劇。20年に上演予定だったものの、コロナ禍の影響で公演が延期となっていたが、22年3月17日に大阪で開幕。その後、静岡公演を経て、26日から東京公演が上演される。

 福士と宮野は、17年の劇団☆新感線「髑髏城の七人」“Season月”、20年の「『浦島さん』『カチカチ山』」に続き、3度目のタッグとなった。

 福士は「どんどんお互いの距離が縮まり、一つになっちゃったんじゃないかというぐらいくっついている」と、本作でさらに絆が深まったことをアピール。

 宮野も「この人と芝居するのはこんなに幸せなんだってかみ締めている」とべた褒めし、「オフのときにも芝居の話が絶えなくて、それもあって、作品に対しても、お互いに対しても、理解が深まっていて、かなりいい空気感になっている」と話した。

広告の後にも続きます

 また、見どころを聞かれると、宮野は「基本は僕が歌担当で、(福士が)アクション担当という役割ですが、劇団員の方の歌もふんだんに詰め込まれているので、そこは見どころだと思います。僕もロックだったり、ジャズだったり、ミュージカル調だったりいろんな歌を歌っているので楽しめると思います」と明かした。

 一方、福士は「『髑髏城の七人』ではあまり殺陣ができなかったので、早乙女太一くんに弟子入りさせてもらって、今回は臨んでいます。太一くんに教えてもらったことも今回は見せられているんじゃないかなと思います」と胸を張った。

 舞台は、4月26日~5月28日に都内・東京建物Brillia HALLで上演。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル