top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「恋マジ」“大津”戸塚純貴に「いい人過ぎる」と反響 “柊磨”松村北斗に「キュンキュンする」の声も

エンタメOVO

 広瀬アリスと松村北斗が出演するドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(カンテレ・フジテレビ系)の第2話が、25日に放送された。

 本作は、“恋に本気になれない”6人の男女が織りなす群像ラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)

 食器ブランド「相楽製陶」の洋食器デザイナーの桜沢純(広瀬)は、高校時代からひそかに思いを寄せていた、ラクロス部の先輩で、今は同じ会社に勤める坂入拓人(古川雄大)に失恋する。

 酒を飲みたいと、フレンチビストロ「サリュー」に足を運んだ純は、ギャルソンの長峰柊磨(松村)に「泣いていいよ」と声を掛けられ、激しく泣きじゃくる。

 翌日、優しい言葉にほだされ、弱みを見せた自分が急に恥ずかしくなった純は、ランチのために同僚たちと訪れたサリューで柊磨の顔を見ることができなかった。

広告の後にも続きます

 その夜、友人のアリサ(飯豊まりえ)と響子(西野七瀬)を呼び出し、柊磨に抱き締められ、部屋に誘われたことを報告していると、高校時代のラクロス部の元チームメートで、“安心安全男子”と呼ばれる大津浩志(戸塚純貴)から電話が掛かってくる。

 純と大津は昔から気が合うことから、初めての相手に最適なのではないかと、アリサたちに勧められた純は、ラクロス部の同窓会後、2人きりで飲み直そうと大津を誘う。

 放送終了後、SNS上には、「純ちゃんの思いや考えにめちゃくちゃ共感」「久しぶりに“ザ・ラブコメ”な作品で面白い」「飯豊まりえ×岡山天音の恋も動き出した。気になる」といった感想が寄せられた。

 また、柊磨について「かっこ良過ぎる」「キュンキュンした」「ささやきボイス、切ない表情、全て心に刺さって胸が苦しくなる」というコメントが集まる一方、「大津がいい人過ぎて、どう考えても大津を選ぶ」「大津、切ない」「大津ロスになった」といったコメントも多数投稿された。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル