top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「インビジブル」第2話 意外な犯人に驚きの声 「“キリコ”柴咲コウと“志村”高橋一生のやり取りが面白かった」

エンタメOVO

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第2話が、22日に放送された。

 本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コウ)が、異色のバディを組む物語。(※以下、ネタバレあり)

 志村は、キリコが「未解決事件に関する情報を提供する代わりに、手を組もう」と取り引きを持ち掛けてきた真意を測りかねていた。

 すると、キリコは次に起こる事件を示唆し、ある動画チャンネルのライブ配信をチェックするよう伝える。

 捜査一課課長の犬飼(原田泰造)らが動画を見ると、撮影地の観光PRを頼まれたという大学生キャンパーが掘っていた地中から、若い男女の遺体が発見される。

広告の後にも続きます

 キリコによると、殺したのは少年少女を食い物にする“調教師”と呼ばれるクリミナルズ(警察すら存在を知らない凶悪犯)だという。ライブ配信をした大学生たちを署に呼び、事情を聞いていると、人権派の弁護士・智寿子(久本雅美)が駆け付け、彼らの弁護を担当すると申し出る。

 一方、志村はキリコを留置場からVIP待遇の特別施設“民宿”に移送。志村とキリコの関係を怪しむ監察官の猿渡(桐谷健太)は志村を呼び出すが、志村は調教師に関わる重要な情報をキリコから聞き出していて…。

 放送終了後、SNS上には、「キリコと志村のやりとりが面白かった。2人のバディ感が好き」「高橋一生の演技がよ過ぎた。最後の展開が面白かった」といった感想が投稿された。

 また、事件の黒幕が久本だったことから、「まさか調教師がマチャミだったとは驚いた」「この人が犯人なんだと思って見ていたら二転三転。予想外の人が犯人だった」と驚きの声が寄せられた。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル