top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

制作統括が語る豪華キャストの見どころ「四兄妹それぞれの青春模様を笑いもたっぷりに描いていきます」小林大児(制作統括)【「ちむどんどん」インタビュー】

もっとエンタメ

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。沖縄の本土復帰50周年の節目に合わせ、復帰前の沖縄で四人兄妹の次女として生まれ育ったヒロイン比嘉暢子が上京し、沖縄の家族に支えられながら料理人の道を目指す50年の物語が繰り広げられる。ここまで視聴者を魅了してきた沖縄のおいしい料理の数々や、美しい自然と並ぶ本作の注目ポイントが、四兄妹を演じる豪華キャストの顔ぶれだ。子役を中心に進行した2週が経過し、いよいよ来週からヒロイン暢子役の黒島結菜をはじめ、兄妹役の竜星涼、川口春奈、上白石萌歌が本格的に活躍することになる。制作統括を務める小林大児氏が、撮影の舞台裏やドラマの見どころを語ってくれた。

-まず、ヒロインの暢子役をオーディションで選ぶのではなく、黒島結菜さんに直接オファーをした理由を聞かせてください。

 脚本の羽原大介さんと一緒に暢子のイメージを話し合う中、他の土地とは違った特色を持つ沖縄が舞台ということで、沖縄出身の方に演じてもらった方が、安心してお任せできるだろうという話になりました。黒島さんはシリアスな役柄でも、コミカルな役柄でも、魅力的に表現していただける女優さんで、ある種のオーラもまとっている方です。さらに、沖縄出身ということで、沖縄独特の空気感も体現していただけるだろうと。そんなことから、暢子役は黒島さん以外に考えられない、という結論に達しました。

-実際に現場で感じた黒島さんの魅力を教えてください。

 朝ドラのヒロインって、せりふ量がものすごく多いんです。それをきちんと覚えているだけでもすごいのに、黒島さんはその苦労を感じさせず、常にゆったりとした感じでスタジオの前にいらっしゃるんです。それこそ、“沖縄的”とでもいうような空気感で。それは撮影を始めてみて、改めてすごいと感じた部分です。きっと、見えないところで努力していらっしゃるんでしょうけど、それを見せない点も含めて、暢子に似ている気がします。ご本人も取材などで「のんきでポジティブな暢子の影響を受けているところが若干あるかも」とおっしゃっていましたし。そういう大…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル