top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

豪快爽快愉快!四川三大魚料理は池袋東口で食べよう!「四川魚料理 蜀魚記(しょくうおき)」

80C[ハオチー]

豪快爽快愉快!四川三大魚料理は池袋東口で食べよう!「四川魚料理 蜀魚記(しょくうおき)」

「池袋で中華を食べよう」となると、まず足が向かうのは池袋駅駅西口から北口エリア。

これまで80C(ハオチー)で紹介してきた店の中でも、冒菜定食の『蜀簽(しょくせん)』、ドクダミ料理を紹介した『品品香(ピンピンシャン)」』、ハラル中華『阿麗婭(アリヤ)』、煎餅果子も出している『串串香麻辣湯』や『阿蘇米線』 、肉まんがおいしい『章記点心』 といったように、このエリアには多くの魅力ある中華料理店が登場。

しかし最近は、東口も中華が熱い!『四川魚料理 蜀魚記(しょくうおき)』は、新たな“熱”の発源地として、池袋東口での存在感をじわじわ大きくしています。

多彩な四川の魚料理を調理するのは、都内の四川料理店などで腕を振るってきた5人の四川人厨師(料理人)。料理長は、2019年10月「麻哥麺(マーゴーめん)」で80C(ハオチー)に登場した、馬さんです!

3月15日のプレオープンから、いち早く情報をキャッチした中国人のお客様を中心に賑わい、話題になっている同店。3月28日のグランドオープンから4月28日までの1ヶ月間は、開店記念サービスとして”恭喜发财(恭喜発財)”88折(12%割引)を実施中です。早速注目の魚料理をご紹介していきましょう。

「蜀魚記」で食べるべき三大四川魚料理はこれだ!

①焼いた魚を麻辣スープに浸して食べる、麻辣烤魚(マーラーカオユィ) 麻辣烤魚

広告の後にも続きます

店名の通り、店のイチオシはド迫力の魚をまるまる使った活魚料理! 招牌菜(看板料理)の麻辣烤魚(マーラーカオユィ:málàkǎoyú)では、なんと1.5kgのスズキを使用。運んでくださる店員さんを見ていると、ビッグサイズの四角い鍋を手に緊張感満点、小さな歩幅でそーっと進むほど。

卓上で火にかけ、少し煮込んだら、熱々の麻辣スープが絡んだ頬張りサイズの魚をひとかけらぱくっ。ふんわりとした軽やかな口当たり、そして噛むとプルンと弾力しっかり。魚の下で一緒に煮込まれていたジャガイモ、キクラゲ、豆モヤシにも味が染み、箸がすすむ!

辛さは「小辛」「中辛」「大辛」とわかりやすく3段階設けてありますが、実際はさらに細かな希望に対応してくれます。今回は「小辛以上中辛未満、中辛をちょっと軽くした程度」でいただきました。好みの麻辣度合いで、モリモリ食べましょう!

②煮え滾る油の中にスパイスが躍る!沸騰魚(フェイタンユィ)

器の上に大量の唐辛子と花椒がドッサリ!強烈なインパクトを放つビジュアルが目を惹く沸騰魚(フェイタンユィ:fèiténgyú)も、この店の招牌菜(看板料理)のひとつです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル