top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「持続可能な恋ですか?」“杏花”上野樹里と“林太郎”松重豊のダブル婚活に反響 「お母さんからの手紙で泣けた」

エンタメOVO

 上野樹里が主演するドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」(TBS系)の初回が、19日に放送された。

【写真】「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」第1話に出演した磯村勇斗(C)TBS

 本作は、ヨガインストラクターの沢田杏花(上野)が、辞書編さん者の父・林太郎(松重豊)と父娘でダブル婚活をスタートさせ、人生の再チャレンジに挑む姿を通して、現代の結婚観を描くラブストーリー。

 2年前に母・陽子(八木亜希子)を亡くした杏花は、生活が荒れ果てた父を見かねて実家に戻り、父と2人暮らしをしていた。

 ヨガの生徒の前では、穏やかな暮らしを送っているように見せる杏花だが、実際の私生活は真逆。林太郎も散らかった部屋でスマホを探す杏花を見て、娘の将来を心配していた。

広告の後にも続きます

 ある日、起業セミナーに出席した杏花は、参加者でシングルファーザーの東村晴太(田中圭)と意気投合する。後日、杏花は東村に交際を申し込むが、東村から「友達になりませんか」と提案される。

 一方、林太郎は、陽子の三回忌を前に遺品の整理をしている最中に離婚届を発見する。人生最大のショックを受けた林太郎は、杏花を巻き込み“父娘ダブル婚活”を思いつく。

 林太郎の勢いに押された杏花は、しぶしぶ父娘で婚活パーティに出席する。その後、杏花は腰痛で倒れた林太郎のかばんの中から、陽子の手紙を見つける。

 放送終了後、SNS上には、「上野樹里さんと松重豊さんの演技に引き込まれた」「親子で婚活パーティーとか、いろいろと面白かった」「杏花と晴太の微妙な距離感のドギマギ感がよかった」「お母さんからの手紙で泣けた」などの感想が寄せられた。

 また、「第1話は、演出家の力量ゆえである」「演出に土井裕泰さんの名前を見つけて納得」「クレジット見たら演出が土井裕泰さん! さすがです」「脚本も俳優陣もぴったり!」といった声も集まった。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル