top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

はるな愛のショーパブ「強引接客」でわずか10日で閉店

SmartFLASH

 

「はるなさんは泥酔して、お客が頼んでもいない高額なシャンパンを勝手に注文して、100万円以上を払わせたことも。お客は怒って当然です」

 

 2018年7月に六本木にオープンした「Tokyo Ruby」の関係者はそう話す。

 

広告の後にも続きます

 

 同店は、タレントのはるな愛(46)が全面的にプロデュースしたエンターテインメント・ショーパブ。一部上場企業のF社が出資し、ショーのプロデュースや内装、営業形態は、すべて彼女が決めた。「ずっと夢見てきた」と、本人は感慨もひとしおで、オープンを喜んでいた。

 

 ところが、開店後1週間余りで閉店を余儀なくされた。いったい何があったのか。前出の関係者が続ける。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル