top_line

ピース綾部祐二の英語力をケンコバがバラす「突進するもフリーズ」

SmartFLASH

 

 芸人のケンドーコバヤシが、9月30日放送の『にけつッ!!』(読売テレビ)に出演し、ニューヨーク在住のピース・綾部祐二について語った。

 

 夏休みでニューヨークに行ったケンコバ。綾部と合流したときのことについて、「半袖・短パン・頭ボサボサのニューヨーカーたちの中に、1人(髪を)びっちり決めて真っ黒のスーツでピカピカに輝く革靴履いて立っている男がいた」と振り返る。

 

 

 綾部はケンコバを見るやいなや、軽くジャンプして両手を広げ「Hi!」と挨拶。さらに「ちょっしたアメリカンジョークなんですかね? 『今日行く店はレア肉がうまいらしいので、早めに行きましょう』って(いきなり)連れて行かれた」という。

 

 ニューヨーク生活がすでに10カ月を超えている綾部だが、気になるのは英語力だ。ケンコバがこう説明する。

 

「『どうなの英語は?』ってちらっと聞いたんです。(綾部は)『まあそれなりですかね』って言ってるわりには、店に入った瞬間にいきなり仕掛けるんです。レジ係に『Hi , How are you?』とか、バーってまずしゃべり出す。すげえなと。

 

 向こうの人も、小っちゃい東洋人がベラベラしゃべってくるから、『この人はアメリカ人なんだ』と思って、僕らには聞き取れないくらいワーっとしゃべる。(すると)綾部はフリーズして。ゆっくり俺の方を見て『なんかいけるみたいです』って(笑)」

 

 どうやら自分から積極的に話しかけることはできるが、相手が早いスピードで話してくると対応できないようだ。続いて、現地での綾部の仕事についてこう明かす。

 

「(綾部は)『レッドカーペットを歩くまでは帰ってこない』って宣言してるんですけど、もう歩いちゃったらしいですね。映画の『オーシャンズ8』を、日本かアジアで宣伝する番組のレポーターをやった。

 

 アン・ハサウェイとかサンドラ・ブロックにインタビューしてる。(2人にも)『Hi!』ってしゃべりかけて。向こうもしゃべれると思ってしゃべりかけられて、(綾部が)フリーズした映像が流れたらしい」

 

 綾部のアメリカでの本格的な活躍には、もう少し時間がかかりそうだ。

TOPICS

ランキング

ジャンル