top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

YouTubeをどれくらい見ている? 年代間で視聴時間に大きな差

もっとエンタメ

 今やスマホ無しの生活は考えにくいという人が多いと思うが、そんな中でハマっている人がたくさんいそうなのがYouTubeだ。どれくらいの人が、どれだけの頻度で視聴しているのだろう──LINEが運営するLINEリサーチはこのほど、日本全国の15歳~64歳の男女5,254人を対象にYouTubeに関する調査(2月25日~2022年2月28日に実施)を行った。

 YouTubeを見る頻度は平日と休日を合わせてどれくらいか聞いてみたところ、週6日以上のほぼ毎日見ている割合は、10代で約7割、20代で6割弱と、若い世代ほどYouTubeにハマっていることがわかった。ただ、50代・60代でもそれぞれ25%ずつと、よく利用する人が4人に1人の割合でいた。

 1日あたりの視聴時間は、10~20代は「1日1~3時間未満」の割合が31%と最も高く、「1日に3時間以上」という人も28%と、全世代を通じて高かった。一方、「週に1日以下」という人は全体で2割強だが、40代以降は3割以上となるなど、年代間で利用度に大きな差があることがわかった。

 どんなジャンルを見ているかについては、全体では「音楽(MV、PV含む)」が4割弱で1位となった。「お笑い / バラエティー」「ゲーム」がそれに続く。音楽は各世代でトップになるなど人気が高く、10代ではその比率が5割を超えていた。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル