top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中畑清、長嶋監督ではなかった!「歴代ベスト監督」で真っ先に挙がった名前とは

アサ芸プラス

 中畑清氏が巨人に入団したのは、1975年(ドラフト3位)。長嶋茂雄第1次政権下(75~80年)であり、その後、藤田元司氏(81年~83年)、王貞治氏(84年~88年)と、巨人の監督のバトンは引き継がれていった。

 その中畑氏が、江川卓氏のYouTubeチャンネル「江川卓のたかされ」に出演(2022年4月10日投稿動画)。横浜DeNAベイスターズの初代監督も務めた中畑氏が、歴代ベストナインを聞かれたところ、一塁手に王貞治氏、三塁手に長嶋茂雄氏、捕手に古田敦也氏、投手に江川卓氏といったレジェンドの名前が順調にあがった。そんななか、〈ベスト監督〉に話が及び、江川氏が「監督についてはお聞きしようと思っても、たぶん長嶋茂雄さんとおっしゃるので…」としたが、中畑氏は「監督だったら藤田さんだよ!」とキッパリ。

「監督としての目配り、気配り、思いやりが藤田元司という監督さんが凄かったなと思います」そうしみじみ回顧した中畑氏に、視聴者からは〈長島監督、王監督よりも藤田元司監督を中畑さんが迷いなく言ったのが印象的〉〈監督は藤田さんかぁ 意外だけど納得〉とのコメントがあがった。

 中畑氏が現役を引退した89年は、藤田第2次政権の1年目。その年は、シーズン最終戦のヤクルト戦と、現役最後となった日本シリーズ第7戦の対近鉄戦で本塁打を放ち、有終の美を飾っている。特にその2本は、藤田監督への恩返しだったのかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル