今年おもしろかった本は何? 本好きのみんなで決める「ブクログ大賞」
今年おもしろかった本は何? 本好きのみんなで決める「ブクログ大賞」
読書好きのユーザー投票で本当におもしろい本を決める「ブクログ大賞」。第6回目となる今年も一般投票が始まった。「小説」「マンガ」「ビジネス書」「エッセイ・ノンフィクション」「人文・自然科学」「海外小説…

 読書好きのユーザー投票で本当におもしろい本を決める「ブクログ大賞」。第6回目となる今年も一般投票が始まった。「小説」「マンガ」「ビジネス書」「エッセイ・ノンフィクション」「人文・自然科学」「海外小説」の部門は、2017年5月1日~2018年7月31日の15カ月間に発売された書籍が対象。各部門5作品がノミネートされている。「フリー投票」部門は、ジャンル・発売年月日に関係なく、投票者が上記期間に読んだ本の中から1冊を選んで投票するというもの。投票は、ブクログ大賞公式サイトまたは公式Twitterから。10月22日(月)まで受け付ける。

ノミネート作品 ・小説部門

『キラキラ共和国』著者:小川糸 (幻冬舎)

『余命10年』著者:小坂流加 (文芸社)

『そして、バトンは渡された』著者:瀬尾まいこ (文藝春秋)

『かがみの孤城』著者:辻村深月 (ポプラ社)

『たゆたえども沈まず』著者:原田マハ (幻冬舎)

・マンガ部門

『アルスラーン戦記』著者:荒川弘、原作:田中芳樹 (講談社)

『宝石の国』著者:市川春子 (講談社)

『北北西に曇と往け』著者:入江亜季 (KADOKAWA)

『彼方のアストラ』著者:篠原健太 (集英社)

『僕と君の大切な話』著者:ろびこ (講談社)

・ビジネス書部門

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』著者:佐藤航陽 (幻冬舎)

『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』原作:佐藤雅彦、菅俊一/画:高橋秀明 (マガジンハウス)

『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』著者:西野亮廣 (幻冬舎)

『エンジニアリング組織論への招待~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング』 著者:広木大地 (技術評論社)

『SHOE DOG(シュードッグ)』著者:フィル・ナイト/訳:大田黒奉之 (東洋経済新報社)

(更新日:2018年10月6日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME