top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「おなかの空いている子は誰?」夜の窓辺にやって来た保護狐たちのおやつタイム

マランダー



 ここはアメリカのミネソタ州にあるキツネやミンクたちの保護施設、Save A Fox Rescueだ。笑う狐のフィネガンんやディクシーくんたちでおなじみだね。



 この夜、運営者のミケイラさんの窓辺に、狐たちが集まって来たみたいだ。夜食のおやつにありついた狐たちの、キュートな様子を是非見てもらおう。




So many foxes at my window!

 ある夜のこと、ミケイラさんが窓を開けると外には狐たちが鈴なりに。「おなかの空いている子は誰?」と、オヤツの卵をもらうのは、まずはやっぱりフィネガンくんだ。



 そしてマタイアスに…。


 ディクシーも!


「あら、さっきあげなかったっけ?」と言われて、一度は引き下がったフルーファラさん。やっぱりもらってなかったじゃない!



 窓を開けたら狐たちがいるこの世界。ミケイラさんが狐たちとの間に築いてきた信頼関係が本当によくわかる甘えっぷりだ。ここの狐たちは本当に幸せそうで、見ているほうにも笑い声が移っちゃいそうなんだよ。

 ここにいる多くの狐やミンクたちは、実は毛皮にされるところを救われてきた子たちなんだ。それを思うと、彼らのこのキラキラした時間が余計に尊いものに見えてくる。これからもこんなハッピーな時間が、いつまでも続きますように。

 金曜日。明日から週末!なフィネガンくん。
この投稿をInstagramで見る

mikayla(@saveafox_rescue)がシェアした投稿


written by ruichan

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル