top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

1年の「罪」を悪魔にムチ打たれて償う!?エルサルバドルで伝統行事を開催!

エンタメウィーク(動画)

1年の「罪」を悪魔にムチ打たれて償う!?エルサルバドルで伝統行事を開催!



4月11日、中米のエルサルバドルでイースターに先駆けて開催された伝統行事が注目を集めています。

日本では復活祭と呼ばれるイースターは、処刑されたイエス・キリストが3日目に復活したことを祝う重要行事。イースターが始まる前に、エルサルバドルでは人々に「罪」を償わせるべく、赤い覆面と赤い服で悪魔に扮装した男性たちが人々をムチ打つ伝統行事が行われます。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響によりオンラインで実施されましたが、今年はいつもどおり人々が参加して開催。複数の悪魔に囲まれた男性は四方八方から繰り出されるムチをよけつつ、時おりムチで打たれても笑顔。いきなりムチでお尻を打たれた女性が驚くと、周囲の人々は大笑いしてはしゃいでいました。

地元の司祭によると「人々は罪を清めるためにムチ打たれることを理解している。自分の罪を許してほしいので逃げたりしない」とのことで、良心を取り戻すための苦痛を受けたとして満足して帰っていくのだとか。この伝統行事は周辺地域の人々も数多く参加し、大盛況の様子でした。



注目のニュース動画はこちら


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル