top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

どうやって対局してるの!?将棋が趣味の全盲のスイマーに聞いた

パラサポWEB

全盲のスイマーで、東京2020パラリンピックの金メダリスト木村敬一選手の趣味は、なんと将棋!人が視覚から得る情報は8割と言われる中、盤面も対戦相手の表情も見られない木村選手は、一体どうやって対局しているのでしょうか?どうしてそんなに将棋にハマっているのでしょうか?木村選手自身が発案し行われた、ファンと将棋で交流するイベント『HEROs DREAM』に潜入し、直撃インタビューしてきました!

日本財団の誰もが社会貢献に「気軽に楽しく」参加できる国内初の新しい寄付の仕組み『HEROs DREAM』へ応募し、選ばれた6名が木村選手との「特別な体験」イベントに参加しました。舞台はなんと、名人戦が行われる将棋ファン憧れの舞台:椿山荘! 写真提供:日本財団HEROs

ーー初めにズバリ質問です。全盲の木村選手は、どうやって対局しているのでしょうか?

木村選手(以下、木村): 視覚障がいのある人用の将棋盤を使って対局しています。角や桂馬など斜めに動く駒は、盤面の全体を把握しながらやらなくてはいけないので、それは普通に難しいところではありますね。

視覚障がいのある人のための将棋盤。マス目が枠で囲われており、駒が中に収まる仕様。駒の底面には、どの駒か分かるように点字が打たれています

ーー頭の中に盤面が浮かんでいるという状態ですか?

木村: 浮かんではいます。でも途中でどこに駒があるのか分からなくなってくるので、駒や盤を触りながら現在の状況を把握するんです。対局の回数を重ねていくと、ある程度パターンが分かってくるので、相手の先の手の想像がつくようになってくるんです。

指で触って、盤面や一つ一つの駒の点字を確認しながら、次の一手を考えます

広告の後にも続きます

ーーそもそも、どんなきっかけで将棋を始めたのでしょうか?

木村: 将棋を初めて教わったのは小学生のときです。寮生活をしている中で、指導員の先生から教えてもらいました。でも、それからは全然やっていなかったんですよ。それで数年前、アメリカにスポーツ留学をしたんですけど、時間を持て余していたときに、ふと将棋のことを思い出したんです。それでオンラインの将棋をやり始めました。大体1日で3局くらいやっていたので、今までに計3000局くらいやっていますね。

ーーそんなに対局しているんですか!木村選手はどんなところに、将棋の面白さを感じているのですか?

木村: 水泳は自分との勝負ですが、将棋には相手との駆け引きがありますよね。自分が指したい手と、それをさせまいとお互いが先を読み合い、最終的に勝ちを取りにいく楽しさがある。そこが面白いですね。
ちなみに、水泳ではスタート前の緊張はありますが、泳ぎだしてしまえば緊張というのはないんですよ。でも対局中はずっと緊張したままですね。

ーーイベント中、解説の中村桃子女流二段が何度も「ぐいぐい攻めてますね」とおっしゃっていましたが、やはり戦法は水泳と同じ「攻め」ですか?

木村: 僕はめんどくさがり(笑)なので、ひたすら攻めの一手です。守りに入っていると対局もなかなか進まないので、どんどん駒を動かしていきたいタイプですね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル