top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

若者のFIREと中高年のアーリーリタイアの違いとは

楽しみワークス

×
蓄財して経済的な自立を目指すFIREが注目されている

はじめに

本原稿はアーリーリタイアと最近よく目にするFIREの違いについて説明しています。

アーリーリタイアは、その言葉の通り、早期退職を意味します。例えば65歳定年の会社で60歳で退職するなどですね。

FIREとは「Financial Independence, Retire Early(経済的自立と早期リタイア)」の頭文字です。中高年における早期退職、いわゆるアーリーリタイアとFIREは少し考え方が異なります。

アーリーリタイアとは定年前に引退すること

65歳より前に仕事を引退して、残りを余生とするのがアーリーリタイア

アーリーリタイアはなぜ、行われるのでしょうか? 実は、日本では昭和初期から55歳定年がずっと続いていました。今では信じられませんが、かつては、55歳からの余生が当たり前だったのですね。

それが1980年代になり60歳定年が努力義務になり、1990年には定年後の再雇用が義務化。

広告の後にも続きます

1998年に60歳定年、2006年には65歳定年がそれぞれ義務化されました。そして2021年4月からは定年70歳が努力義務となりました。

かつての定年の年齢が、現在ではアーリーリタイアの年齢といえるのではないでしょうか。昨今、あらためて早期退職がいわれているのは、日本経済のバブル期(1988~1992年)に大量採用された世代が50歳代になり、アーリーリタイアが射程圏内に入ったからです。

セミリタイアとアーリーリタイアの違いは?

セミリタイアとは、早期退職、または引退した人が何らかの仕事をしながら余生を過ごすこと。

セミリタイアで得る収入は生活の基盤というより、余暇を楽しむため、人生を充実させるために使われることが多い傾向にあります。

一方、アーリーリタイアは仕事から完全に離れた暮らしが前提となります。会社勤めをしていなかったり、経営から退いたりすることです。

セミリタイアの意味合いは、会社の定める定年より早期に退職した人なので、およそ65歳以前に会社をやめた人、あるいは事業を引退した人が対象になると考えられます。

FIREとは40歳で経済的な自立をすること

FIREして残りの人生を自由気ままに過ごしたいと考える人が増えている
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル