top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

盗まれた自転車の約 7 割は「施錠あり 」? 盗難に有効な「防犯登録」、8割は“有効期限あり”を知らず

もっとエンタメ

 春は多くの人の生活環境が変わる季節。新たに自転車を購入し、通学などで日常的に使う人も増えるだろう。警察庁のデータによると、2016年度~2020年度5年間の「自転車盗難認知件数」はいずれの年も春から増加傾向になり、7~8月にピークを迎えている。これからの時期は自転車の盗難により注意する必要がありそうだ。

盗まれた自転車の約 7 割は「施錠あり」

 au 損害保険(東京・以下、au 損保)は、自転車を盗まれた経験やその状況、自転車の防犯登録に関わることへの認知度などを調べるため、東京都在住で週1回以上自転車を利用している人を対象に、アンケートを実施した。調査は3月4日から7日にかけて、東京都在住で週1回以上自転車を利用している1,200人(車種別にシティサイクル・電動アシスト付き自転車・スポーツサイクルを400人ずつ均等に配置)を対象に、インターネットを通じて行った。

 全体の1,200 人のうち、自転車を盗まれた経験がある人は40.9%(491人)。その491 人に「盗まれた自転車の車種」を尋ねたところ「シティサイクル」が最も多く、76.2%(374人)。また、盗まれたのは購入後どれくらいの期間がたつ自転車だったかについては、半数近くの45.8%(225人)が「3年以上」だった。高価な車種や新車ばかりが狙われるわけではないようだ。盗まれたときの状況については、「駐輪場などに長時間駐輪していた」が 35.8%(176人)、「自宅」33.4%(164人)、「買い物中などのわずかな間」27.5%(135人)。出先はもちろん、自宅敷地内の自転車の保管についても注意が必要なことがうかがえる。

<img src="http://motto.mopita.com/sp/photo/ovo/1755882_b52337e126441f01d79522eb6d3ca…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル