top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの」広瀬アリス 胸キュンシーンの撮影は「本当に恥ずかしかった」

もっとエンタメ

 広瀬アリスと松村北斗が出演するドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの」が、4月18日からカンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送開始となる。本作は、“恋なんて、人生のムダ!”と宣言する27歳のこじらせ女子・桜沢純(広瀬)や、“来るものは拒まず去るものは追わず”の危険なイケメン・長峰柊磨(松村)ら、6人の男女が、人生最大の“本気の恋”に落ちていく群像ラブストーリー。恋愛経験ゼロの純を演じる広瀬に、本作の魅力や撮影時の思い出、さらには理想のタイプについて聞いた。

-本作は本格的なラブストーリーです。最初に台本を読んだときにどんな感想を持ちましたか。

 これまでも「あまり恋愛に前向きになれない」という登場人物はいたと思いますが、ここまで強く、「恋愛は要らない」と言っている子はあまり見たことがなかったので、まずそこが面白いと思いました。特に、第1話では仕事や好きなことなど生きがいを持っている、一見すると強い女性として純が描かれているので、きっと女性の皆さんは共感できるところもあると思います。27歳という年齢は、ちょうどいろいろなことを考える時期だと思います。同級生に子どもが生まれたりもして、変化のある年齢だと思うので、純がそうしたさまざまなことに頭を悩ませたり、それでも素直になれなかったりする姿は共感できる部分がたくさんありました。

-撮影中は、どのように純を演じたいと思っていましたか。

 物語の最初は特に、見かけだけでも強い女性であろうと思いました。序盤に、女子会のガールズトークでパーソナルな部分を話すシーンが出てきますが、そういったシーンも含めて、「完全に自立している強い女性」を描けたらいいなと思って演じています。その後に、柊磨と出会うことによって、少しずつ弱さを出していければと。

-本作は「共感できる作品」ということですが、女性同士の友人関係という点でも、共感できるところはありましたか。

 女子ってまさにあの感じだと思います(笑)。私も、10代のころからの友人には “ぶっちゃけトーク”をしています。先ほどお話しした、序盤の女子会シーンは、皆、探り探り撮影をしていたと思い…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル