top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

職人「一平ちゃん」の香港美食!洗練のコースと豪快な大皿料理の二刀流|元麻布「一平飯店」&「夜香港」

80C[ハオチー]

職人「一平ちゃん」の香港美食!洗練のコースと豪快な大皿料理の二刀流|元麻布「一平飯店」&「夜香港」

料理人仲間から「一平ちゃん」と親しまれる人がいる。安達一平さん、43歳。料理人歴25年のベテランである。

中華料理人同士には、その佇まいが“癒し系”と愛され、穏やかにほほ笑むその姿は仏のよう(生きてます)。口数は少なめで、それゆえどこかミステリアスで、もっと知りたくなってしまうところがある。

そんな「一平ちゃん」の実力は、同業仲間なら知るところ。都内中国料理人が集う「深夜の勉強会」では、何度か彼の料理が振る舞われ、「いつ店をやるの?」とみんなから楽しみにされていた。

縁と運に逆らわず、好奇心に一直線。職人「一平ちゃん」の人となり

店を開くにあたり、経営面のパートナーとなったのは、『桃仙閣』の林亮治さんだ。

「林さんとは、中国料理人同士の食事会で面識があったんです。去年も皆から『(店を)やらないの?』って言われて。コロナ禍だから状況を見たいと言ったら、林さんが『大丈夫だよ。一緒にやる?その方が料理に集中できると思うよ』って」

広告の後にも続きます

「僕もやったことがないものだから、独立している先輩に何人か相談してみたら、みんな『いい話だと思う』と。『経理作業にかかりっきりになってしまうと、料理はほぼできない』と聞いて、林さんに『お願いします』と伝えました」

そこからは早かった。3日もしないうちに会って話して、2021年10月末には元麻布の物件が確定。2022年3月1日に『一平飯店』がオープン。ちなみに林さんは、これまで一平さんの料理を何度も食べていたわけではなかった。縁と人柄による決断だ。

料理人仲間から「一平ちゃん」と親しまれる安達一平さん。1979年生まれ。

男は黙って香港へ。焼味を焼きまくり、広東点心を習得

そんな一平さんの料理人としての歩みは、ここ四半世紀の日本の中国料理のトレンドとも重なるところがある。

調理専門学校を卒業し、料理人人生をスタートしたのは、富山に開業したばかりの全日空ホテル『花梨』。当時はホテルの広東料理全盛期で、溜池山王の全日空ホテルで腕を振るっていた麥料理長のレシピや技法を踏襲し、富山で香港さながらの料理を提供していたという。

5年半を経て、東京に戻ると『赤坂璃宮』新百合ヶ丘店のオープンスタッフになった一平さん。こちらも広東料理の名店だが、ここで食都・香港の魅力へ開眼する。

「初めて料理長に香港に連れて行ってもらってから、年3回くらい香港に行くいくようになりました。(社長の)譚さんも、広州や香港にいくとき連れて行ってくれて」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル