top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

花總まり、神田沙也加さんの思いを受け継ぎ「銀河鉄道999 THE MUSICAL」でメーテル役 「彼女の思いが消えてしまうのがつらかった」【インタビュー】

もっとエンタメ

 中川晃教が主演する舞台「銀河鉄道999 THE MUSICAL」が、4月8日に開幕した。松本零士の不朽の名作をミュージカル化した本作は、劇場版『銀河鉄道 999』(79)を原作に、作品のテーマである「限りある命(人間)・永遠の命(機械の体)」について描く。主人公の星野鉄郎役を中川が演じるほか、昨年12月に急逝した神田沙也加さんが演じる予定だったヒロイン・メーテル役を、花總まりが演じる。生前の神田さんと交流があった花總に、神田さんの代役として本作への出演を決めた思いや、作品の魅力、メーテルを演じる上で気を付けていることなどを聞いた。

-今回のメーテル役は、急きょのオファーだったと思います。改めて、出演を決めた思いを聞かせてください。

 お話を頂いたときは、本当に突然のことだったので、すごく驚きましたし、一言では表すことができない複雑な思いでいっぱいでした。ここ1、2年は、コロナ禍で舞台が中止になってしまうつらさを私自身も経験してきましたし、一公演に関わっているスタッフの方を含めた大勢の方が仕事がなくなってしまったり、やりたくてもやれないつらさというのを経験してきたので、一つには公演がもしできなかったときに、きっとすごく大変だろうなということを考えました。そして、神田さんが、本当はすごくメーテル役を楽しみにしていたことも想像できていましたし、きっとやりたかっただろうなと…。もし公演がなくなってしまったら、彼女の思いというのも、そこで消えてなくなってしまいそうな気がして、私はそれがとてもつらかったので、その思いを考えてお引き受けすることに至りました。

-脚本を読んだときは、どのような印象を持ちましたか。

 『銀河鉄道999』は、子どもの頃からよく見て知っている作品ではあるのですが、原作でもいろいろなエピソードがあるので、脚本の中には、まだまだ知らないエピソードがあったり、今回ならではのエピソードが組み込まれていたりと、懐かしい部分と新たに受ける新鮮な部分があって面白いなと思いました。

-現在、稽古中ということですが、メーテルを演じる上で、どんなことを意識しています…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル