top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Webセミナー・面接を利用したい学生が多数 他の予定と調整容易だから

もっとエンタメ

 技術としては可能だったが、コロナ禍に後押しされる形で激増した“オンラインもの”。ただ、使ってみたらその長所を実感し、コロナ禍とは無関係に続けたいという動きも出てきている。セミナーや面接もその一つかもしれない。就職活動に関するアンケート調査(学情・東京)によると、興味のある企業でWebセミナー・Web面接の実施があれば「参加したい」と回答した学生は94.2%に上った。感染防止というより、「大学の授業など、就職活動以外の予定と調整しやすい」という理由が最も多かった。

 来年3月卒業(修了)予定の大学生、院生に3月18~25日に調査、465人の回答をまとめたもの。オンラインの利用意向は高いが不安もあるようで、Webセミナーや面接などでは、「企業や社員の雰囲気が分かりにくい」(49.9%)、「入室や退室のタイミングなどのマナーが分からない」(34.2%)、「通信が途切れてしまったときの対応が分からない」(34.0%)などが挙がった。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル