東出昌大 | カメラの前での気持ちは、画面に必ず映る

東出昌大 | カメラの前での気持ちは、画面に必ず映る
モデルから俳優に転身して以来、映画やドラマ、CMと着実にキャリアを積んでいる東出昌大さん。しかし、「いまでもまだ芝居がわからない」と赤裸々に語ります。その言葉の裏には、不安やプレッシャーの中でも崩さない芝居への真摯な姿勢がありました。そして、出演最新作『クローズ EXPLODE』で東出さんは、演じること、もとい仕事との向き合い方に気づいたそうです。
東出昌大
自分より配役の方が人間的に深い

――以前モデル時代にお会いしたとき、「今度、ある映画に出るんです」って言って、俳優になる話をしてくれましたよね。

東出昌大 (以下、東出) 『桐島、部活やめるってよ』を撮った後すぐですから、三年くらい前ですね。

――そのときのうれしそうに話す、生き生きした表情がすごく印象に残っています。俳優に転身して三年で映画の主役まで来ましたね。

東出何があるかわからない世界だとはわかっていましたけど(笑)。それを覚悟していたから、あまり驚きはしていないんですが、自分に与えられる役と自分を考えると配役の方が重くて……。

東出昌大

――重いというと?

東出人間的に濃いというか深いというか……。だから毎回プレッシャーを感じています。自分の至らなさも感じているから、どうにかしなきゃってアップアップしているだけで、余裕が全然ないです。ここにいる自分が恵まれているのはわかっているのに、充実感も感じられないほど、いま目の前にある役をこなすのに精一杯という感じです。

――映画、テレビ、CMとめざましい活躍の中で、冷静に淡々と役をこなしていると勝手にイメージしていましたけど。

東出ありがとうございます。役をいただけるのは本当にうれしいし、毎日感謝しています。いろいろなお仕事をいただいてますけど、「オレいま来てる!」なんて思えませんし(笑)、悩みはつきないです。

――例えば、最近はどんなことで悩んでいるんですか?

東出この前、セリフが多くて悩んだときがあって。でも、普通このキャリアでそんなの考えるべきじゃないし、なにおごってんだお前って自分を責めたりして。マネージャーさんに相談すると、それぞれの位置でそれぞれの人の悩みはあるから、それを責めてもしょうがない。だからって、がんばらない理由にはならないでしょって言われましたね。

――これまでの役はクールでかっこいいって人が多くて、視聴者として見ている感じは、すごくさらりとしていました。その裏には葛藤やプレッシャーがあったということですね。

東出『桐島』のときは緊張していたけど、他の人にもそんなふうに見えるって言われたことがあります。出演最新作の映画『クローズEXPLODE』ではもしかしたら、何者かわからないような行き場のない感じが出ているのかなって思うんです。

まだ芝居ってものが本当にわからない

――現場に入ったら役に切り替えることができるものですか?

東出ある程度役に対して準備して行きます。よく「切り替える」と言われがちですが、すべての役者がやっていることですし、特に意識していないですね。いまはたくさんの役を次々とこなしているわけではないので、ひとつひとつの役をしっかりつくっていっています。なので、このときは、前を引きずって出てしまったんだと思います……。
 でも、いまでもまだ芝居ってものが本当にわからないです(笑)。

――役をつくっていくコツや心掛けていることはありますか?

東出わかる範囲のことをやっていくという感じですね。『クローズEXPLODE』のときに気づいたのですが、自分で気づくことじゃないとわからないんだなって。こうした方がいい、ああした方がいいと言われても、後からそういうことだったんだとわかってから役に反映できる。演じることもそうですが、仕事って本人が心の底から気づかないとできないんだなって思いました。

東出昌大

――俳優は気づくということを積み重ねていくもの。

東出はい。なので、印象に残った言葉や、そのとき意味が分からなくても深いことを言っていると思った言葉はノートに取っています。役とは関係なく、監督の言葉とか演出論とか、役者の先輩が言ったこととか。それらがあとで自分の血となり肉となると思っています。

――心に残った言葉は?

東出以前、先輩に「いつから芝居が楽しくなりましたか」って聞いたら、「自分の芝居が本当に下手だって認識したときから。自分が認めたときから楽しくなったよ」って。その人は役を演じているとき楽しそうなんです。そうなりたいなって思います。

――いろいろなお芝居をしてきて、突き詰めた結果出た言葉だったんでしょうね。

東出ええ。僕も自分の演技って本当に下手だなって思っていても、いままで積み重ねてきたことを否定できなくて、守りに入っている部分があるんです。先輩のように下手だと認識できるのは、もう少し時間が経ってからかもしれないですね。

――大きな役が来て、自分を信じなきゃいけないときの自信を保つ方法はありますか?

東出不安で迷ったままカメラの前に立つと、その迷いが画面に必ず映ってしまいます。だから、迷ったままにはしない。ない自信を振り絞るのはできないですが、そんなときは仲間や共演者、スタッフさんなど人を信じるとか、吹っ切れるとかっていう方向に気持ちをもっていきます。

東出昌大

――始まるからいくぞっていう覚悟ですね。

東出そうですね、吹っ切ってやるしかないって感じで。

――吹っ切れると思ったらできるものですか?

東出もちろん直前まで必死に考えていますよ。でも、責任転嫁するつもりはありませんが、頭で考えていてもしかたないなって。最善を尽くそうって吹っ切れます。もちろん、それでまた撮影で終わったら、もっと用意しとけばなって考えることもあります。毎日毎日、演技や芝居と格闘しながら、役者の奥深さ、楽しさを噛み締めています。

執筆:力石恒元 撮影:喜多村みか

更新日:2016年1月10日

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME